FC2ブログ







yamahaルータ 切断コード表

ヤマハルータのPPPoE接続の際に表示されるエラーコードの一覧。
ヤマハさんの公式ページのようなので、参考に。

切断コード表 ヤマハRTシリーズの切断理由を示す数値

光BOX インターネット(旧名ブラウザ)を開いても真っ白で表示されない

  考えられるのは、「無線ルータと光BOXの通信がうまくいっていない」ということです。

  ということで、以下の手順で確認してみましょう。

1 ルータからインターネットへの接続はOKですか?
  他にPCやスマフォがあれば、まずはそれを確認しましょう。

2 無線ルータの電源を入れなおしましたか?

3 2で駄目なら、もう一度無線ルータの電源を切り、あわせて上位のルータも電源を切りましょう。
  入れるときは、「上流から下流へ」をお忘れなく。

4 これで駄目なら初期化してやり直し。

◇上流から下流へ流れるように。

 これは、インターネットを利用する機器の電源を入れなおす際の鉄則です。順番通りに電源を入れないと、途中でデータが失われてネットが使えない状態になってしまいます。
 順番とは、データがリレーされる順番のこと。ネットワーク環境で最上位に来るのは回線会社ですが、まあそこまでは手出し出来ないのでパス。
 さて、ここで問題です。

Q 家庭内ネットワークでの最上位に当たる機種は、何でしょう?
  以下の機種から、それぞれの回線ごとに線をつないで見てください。

   ISDN回線    ADSL回線    光回線(戸建)    光回線(集合住宅)

 モデム  TA(ターミナルアダプタ)   ONU  ホームゲートウェイ(単体型)  VDSL  マンション内集合装置  ブロードバンドルータ   電話線  光ケーブル  CTU

A 答えはこの下を反転してみてね。
 ISDN:TA、ADSL:モデム、光回線(戸建):ONU、光回線(集合住宅):VDSL
 いずれの場合も、ルータは最上位に成り得ません。CTUもルータなので、違いますよ。間違えずに答えられました?

 本題に戻りますが、電源を入れる際の「上流」とは、この「最上位の機器」を示します。

<上流から下流へ、インターネット関係の機器に、電源を入れなおす手順>

1 まず、すべての機器の電源を抜きましょう。
  電源だけね?配線抜かないでね?

2 最上位の機器に電源を入れ、5分ほど待機します。各機器のランプ状態で正常性確認が確認出来たら、次の機器の電源を入れましょう。
 これがVDSLだった場合、下手をすると30分くらい待たないとダメなときもあります。

 2台目は、ルータになります。これも同様に電源を入れて、5分ほど待機します。

 3台目はパソコンになることが多いですね。これは待たなくてもいいんですが、念のため再起動をお勧めします。

 あ、触れずに来ましたが、電源を抜く順番はお好きにどうぞ。引きちぎったり壊したりしなければ、何も問題ありません。

◇インターネットが遅いときに確認するX箇条

1 ルータはある?
 ルータなし:機材の電源入れなおし。上流から下流に流れるように。ないと思うけど、10Base-Tとか言わないよね?

 無線ルータあり:チャネル変更しようか。

 有線ルータあり:モデム(ONUかVDSLか?)ごと、電源入れなおし。上流から下流へ流れるように。

2 使っているのは Internet Explorer ?
  YES:キャッシュクリア、不要アドオン停止。
  NO:IE使ってみて。

3 2でダメならGoogleクロームとか、別のブラウザ使ってみて。

4 回線速度調べて。

5 回線業者に頼もう。

【セキュリティ対策ツール】

・NTT西日本が、「フレッツ回線契約者向け」に用意したセキュリティ対策ソフト。
 実態はウィルスバスタ(クラウド)のOEM。
 光コラボ回線も、NTTの回線なので対象となる。

<対象OS>
 Windows系 MSサポートがあるOSの最新版/SP要
 AndroidOS 最新版
 インストール後にサポートが打ち切られても、いきなり動かなくなるということはありません。

<対象回線>
 光ネクスト/隼、フレッツ光ライト、光プレミアム、Bフレッツ、フレッツADSL
 ただし、Bフレッツについては新規契約申し込み終了に加えて新規回線自体も終息に向けて動いているため、実質利用不能。

<利用環境>
◇光ネクスト/隼、ADSL、Bフレッツ
・IPv6通信が利用可能であること
 無線LAN環境でも利用可能だが、「無線LANを通して、IPv6通信が可能であること」が条件になる。
 また、アップデートは「契約者の光回線を経由している場合」に限られる。

◇光プレミアム
・CTUをメインのルータとすること
 最新版でなくてもいいなら、アップデートのときだけLANケーブルをつなぎかえるという方法もある。

<仕組み>
・NTTのIPv6網内に用意された専用サーバーから、更新データをダウンロードする
 これは外部からも接続可能なので、YBBのルータを利用していても、IPv6通信さえ可能なら利用OK。
 逆にいえば、IPv6通信が出来なければ利用出来ない。一部の有線専用ルータや、古い無線ルータでは注意が必要。

<無料ライセンス>
・フレッツ光ネクスト、フレッツ光プレミアムに用意された、PC1台分の無料ライセンス。

◇光プレミアムとセキュリティ対策ツール
・CTUがIPv6の信号を受け取り、IPv4信号に変換した上で、ローカルエリアネットワーク内に配信する。
 そのため、CTU直結か、ブリッジにしたルータの配下でなければデータが受け取れない状態になる。

◇光ネクストとセキュリティ対策ツール
・IPv6網を通してデータが配信されるデータを受け取るだけなので、IPv6パススルー対応の機器であればメーカー問わず利用出来る。
 ただし、無線経由での利用の場合、ルータ側の設定変更が必要なこともめずらしくない。

◇光ライトとセキュリティ対策ツール
・条件はネクストと同じ。
 ただし、データの受信は通信量として扱われるので、ほぼ毎月、高額な方の請求が来ることになる。なので、ライト回線でセキュリティソフトを使うくらいなら、普通のネクストに切り替えるほうがお勧め。

◇光コラボとセキュリティ対策ツール
・セキュリティ対策ツールは光コラボでも利用可能。
 ライセンスプラス(追加ライセンス)をコラボ事業者へ申し込めばOK。

◇光コラボと無料ライセンス
・転用継続のコラボ回線
 事業者によって継続可否が分かれる。
 利用出来る業者でも、シリアル番号が変わるので再インストール必須。

・新規契約(転用新規)のコラボ回線
 無料ライセンスは付随しない。

◇IPアドレスは拾えているのに、インターネットの表示が出来ない場合のチェックリスト

以下、順番にたどってみましょう。
チェック1 ISPは問題ない?
  OKだよ。チェック2へ。
  あ、駄目かも。→ルータのマニュアル参照してね。
 
チェック2 IPアドレスはとれてる?
  OKだ。チェック3へ。
  取れてない環境チェックへ
 
チェック3 デフォルトゲートウェイを叩くと、ルータの設定画面は開く?
  開かないな?チェック4へ。
  開くよ。→セキュリティソフトチェックへ。
 
チェック4 2重ルータになってる?
  なってないよ。チェック5へ。
  なってた。→片方をブリッジにしましょう。
 
チェック5 PINGをデフォルトゲートウェイに飛ばしてみよう
  LOSSゼロだ チェック6へ
  LOSSありだ →ルータ類の電源を入れなおそう。AP機器があるならそれもね。上流から下流、を厳守。回復しなかったら回線調べてもらおうか。
  
チェック6 別のブラウザからは設定画面を開ける?
  開けないチェック7へ
  開いた →IEがおかしいんぢゃないでしょうか。キャッシュクリアと各種設定を既定値に戻して、アドオン全部止めてみて。
 てか、開くブラウザに乗り換えたほうが早いかな?
 
チェック7 無線?有線?
  有線チェック8へ。
  無線→無線チャネルを変更しよう。
 
チェック8 ルータをはずして、ONU(またはモデム)に直結。広帯域でチェック。
  繋がった:ルータの設定見直しか、ルータの修理。
  繋がらない:エラー番号が691以外なら、回線会社に連絡。
691は単なる認証エラーなので、ISPに連絡した上で初期設定のやり直し。

( ・◇・)? 無線LANプリンタで印刷が出来なくなったときの対処方法 (・∀・)

・メーカー不問です。

1a プリンタ本体で無線設定をするタイプ
 本体にある液晶パネルを使い、IPアドレスとSSIDを確認する。
 →取得出来ていなければ、無線の再設定。その際、電波を検索してSSIDを確認しましょう。
  また、SSIDがPCに設定してあるものと一文字違うだけでも印刷出来ないので要注意。
  取得出来ていれば2へ。

1b プリンタ本体では設定しないタイプ
   2へ。

2 パソコンのコントロールパネル上で、プリンタの状態を確認する。
  ネットワークプリンタのアイコンにびっくりマークが付いていれば(いなくても)、右クリックからトラブルシューティングを実施。
 トラブルシューティングで原因不明となるなら、3へ。
 何かメッセージが出るならそれに従う。

3 ネットワーク関連の機器の電源を入れなおす。
 無線ルータ、パソコン、プリンタの電源を切ります。CTU,HGWなどがあればそれも同様に。
 上流にある機器から順番に電源を入れましょう。パソコンとプリンタは、どちらが先でもかまいません。・・・が、まあせっかちな人が多いようなので、プリンタを先にした方がいいかもね。
 この際、ランプなどが正常に光るまで待機してから、次の機器の電源を入れること。
 ランプ確認が出来ないようなら、それぞれの機器ごとに5分以上待機し、そのあとで次へ行くと何とかなるでしょう。・・・たぶん。
 これで回復すればOK。
 回復しないなら4へ。

4 プリンタ用のネットワーク設定ツールがあれば、それを使う。
  新規ではなく、「PCを追加する」=すでに設定済みの無線プリンタがある。という前提で作業しましょう。

5 どうにもならなければ、プリンタドライバの再インストールです。


 ほとんどマニュアルがない世界ですからねー。

wii の エラーコード

【Wiiのエラーコード】
・5桁の数字で表示される。任天堂のマニュアルには載ってるっぽい。
・末尾の数字は接続先(いわゆるプロファイル)を示しているらしい。
 エラーコードの末尾が
 [0]:接続先ファイル1の異常
 [1]:接続先ファイル2の異常
 [2]:接続先ファイル3の異常
 [3]:Wi-Fi-USBコネクタの異常?
 [4]:Wi-Fiステーションの異常?
 と、云うことらしい。・・・[4]を見ることはまずなさそうですな。

 さて、Wiiのエラーには何度か対処しておりまして、結論が一つ、出ました。
「Wiiのエラーコードはアテにならない!」
 です。
 とゆうことで、対処方法は折りたたんだ先に。

この表はすべてWikiからの転載+推測です。鵜呑み厳禁。
10000-19999<メッセージ不明>
機器本体の故障の可能性が高い。DSやWiiの故障ではないか確かめてください。
または一時的なネットワーク異常の可能性がありますので、ちょっと待ってみましょう。
20101-20999<Wi-Fiコネクションに接続できませんでした。>
20100インターネットに接続できません。Wii本体設定のインターネット設定をご確認ください。
→本来はWiiとインターネット間の通信に障害が発生した場合に表示されるコード。
 が、実際にはニンテンドーWi-Fiコネクションとの通信や、サービス提供会社(ゲーム会社)のサーバとの通信に障害が発生した場合にも出ることがあるらしい(障害発生中のサーバにアクセスが集中することでサーバからWiiへの応答が出来なくなり、このエラーが出てしまうこともあるとか)。
24501通信エラーが発生しました。
Wi-fi全般(任天堂側もしくはサービス提供会社)の通信エラー(サーバー関連)で表示。
23000-23999<ゲームサーバがメンテナンス中か、混みあっています。>
50000-50099<USBコネクタが見つかりませんでした。>
51000-51099<USBコネクタが見つかりませんでした。>
51103,51303<USBコネクタに接続できませんでした。>
51031<アクセスポイントが見つかりません。SSIDが正しいかご確認ください。>
 無線設定で、SSIDを手入力すると、こうなる。たぶん入力ミス。検索でHITさせるが吉。
51330/51331
51332
<メッセージ不明>
無線の暗号化を[WEP]に変更するといいらしい(Tamasabu's Blog)。末尾はプロファイルの番号。
60000-99999<通信状態が不安定で、通信に失敗しました。>
Wi-Fi USBコネクタを使用しているなら、パソコンの再起動で繋がる可能性あり。ウイルスソフト、ファイヤーウォールの設定を見直すといい。
52003<IPアドレスを自動的に取得できませんでした。>
無線は繋がったが、ルータと通信出来なかった場合に表示される。2重ルータ、APモードに注意。
52030/52031インターネットに接続できません。
52103<インターネットに接続できませんでした。>
52132
52203<インターネットに接続できません。詳しくは取り扱い説明書をご覧ください。>
無線接続時に表示された場合、パスワード(セキュリティキー)をチェックしましょう。
52303<インターネットに接続できませんでした。>
61070
74030
81010
85010
91010
Wi-Fi USBコネクタ:PCに差し込むことで、WI-Fi回線を利用できるようにする接続機器。パソコンの電源が入っていて、インターネットにつながる状態であることが条件。
任天堂 WiFiUSBコネクター

Wi-Fiステーション:ニンテンドー Wi-Fiコネクションが自由に利用出来るエリア。

Wi-Fiエラーコードの一覧 : 末尾がプロファイルだっていう情報はここから。

NintendoWi-Fi WiKi :あれ、どっちがベースだ?


Wiiエラーコード検索 : ヒットしないんだがーっ><

あっちこっちケイイチ : 任天堂に問い合わせたらしい。素敵。

負け猫小屋の裏側 :Wiiでの無線について頑張った方。すばらしい><

旧情報【セキュリティ対策ツール】

【セキュリティ対策ツール】
・NTT西日本が提供するセキュリティソフト。
 セキュリティソフトをインストール形式なので、要件を満たさないパソコンでは利用できない。
 近年、アンドロイド版も利用可能となった。

・フレッツ光ネクスト回線、光プレミアム回線において「PC1台分のライセンス」が無償で提供されている。
 複数のPCで使う場合は、有料でライセンスを追加する必要がある。

・フレッツADSL、Bフレッツ回線には無償提供がなく、1台であっても「V6アプリ」契約(有料)が必要となる。

 注意点としては、「NTTの閉域IPv6網のサーバ」から、アップデート情報が提供されること。
 光プレミアム回線においては「CTUがIPV6の通信をIPv4に変換する」ため、気にする必要はない。
 逆に、光プレミアム回線以外では、「PCにIPV6通信を通す」必要がある

 光プレミアム回線から、光ネクスト回線に変更した場合は、「クライアントソフトの入れ替えが必要」となる。
 「超かんたん設定CD-ROM」を使うなら、インストールされているソフトが最新版であるのみ、通信経路だけを切り替えてくれる。
 
 それ以外は、旧版を削除し、最新版をインストールする手順が誘導される(・・・が、個人的にはお勧めしない)。
 本来の手順どおり、セキュリティソフトを停止させ、「すべてのプログラム-NTTW-セキュリティ対策ツール-削除・アンインストール」を実施するのがお勧め。その後、最新版をインストールすればいい。

・セキュリティ対策ツールのアップデートがされなくなった場合、CTUやHGW、ルータの再起動で回復する場合も珍しくない。
 再起動してダメなら各種アップデートファイルも用意されているが、解消しない場合のほうが多いので、削除した上で最新版を入れなおすのが確実。

【フレッツウィルスクリア】
・NTT東日本が提供するセキュリティソフト。
 性能的には西日本のものと同じ(というか名前が違うだけだと思われる)。
 確認したかぎり、無償提供はないらしい。
 IPV6必須。
[ 2011/10/10 23:32 ] お蔵入り | TB(0) | CM(0)





FC2 Management