FC2ブログ







【LAN-RPT01BK】

【LAN-RPT01BK】
 エレコム製無線中継専用機。RPTはRePeaTerのことだと思われる。
 Wi-Fiマークがある2.4GHz対応の無線ルータであれば、メーカー不問で中継可能とされている。
 WPS設定と、手動設定に対応。AOSSは非対応。

 ルータ機能はないので間違えないよう注意。

Wi-Fiの「制限付きアクセス」をIPアドレスの固定で回避する。←Win8限定の暫定対処方法。解決策ではない。

 Wi-Fiの「制限付きアクセス」

制限あり-Win80B 制限あり-Win80 
 こちらのプロパティをみると、IPv4アドレスが「169.254.xx.xx]となっています。
 これは自動プライベートIPアドレスなので、「無線の電波は検出してるけど、通信出来ていない」ことを示します。
 通常なら「無線のパスワードが違う」か、「上位のルータがおかしい」ということになります。通常=他のOSなら。です。
 どうやらWindows8.0だけ、Wi-Fiドライバに難ありで、Windows8.1にアップグレードすると、改善されるらしいんです。
 まあ、あれですね。MSのOSは、一世代置きにポカが出るので、不思議でもなんでもないんですけどね。

 閑話休題

 つまり、「IPアドレス固定しても、一時凌ぎ。・・・にすらならない可能性が高いよ。」ってことです。
 対処方法は、「Window8.1にアップグレードする」。ということのようです。

 ・・・あれ? 他社の無線子機を導入するのもありかも?

◇iPhoneのデータ通信(モバイル/パケット通信)を止める方法

・Wi-Fiに繋がっているはずなのに、通信が非常に遅い
・パケット代金を節約したいので、自宅ではデータ通信を止めておきたい
 そんなときに、使える手段です。

1 設定を開く。
 iPhone_SetteiM.png 

2 モバイルデータ通信を開く。
 iPhone_mobileDataM.png 

3 モバイルデータ通信のスイッチをスライドで切り替える。
 左に合わせるとOFF、右に合わせるとONです。
 iPhone_mobileDataSWM.png 
[ 2014/09/19 00:24 ] 小ネタ 捏ねた 小ネタ | TB(0) | CM(0)

【IEEE 802.11i 】

【IEEE 802.11i 】
 通信規格そのものではなく、無線LANにおけるセキュリティ標準を定める規格。
 WPA(Wi-Fi Protected Access)やWPA2なども、IEEE 802.11iに準拠した規格となっている。
 
・利用する帯域はISM帯(利用する際に免許が不要とされる帯域)となる。

【IEEE802.11ac】または【IEEE802.11ac/Draft】

【IEEE802.11ac】
 最大3.6Gbpsの無線LAN規格。2013年に策定完了予定とされているが、現状ではまだ[Draft]とつくので、策定中と思われる。
 Draft(ドラフト)は草稿、下書き、或いは「一人を選抜する」といった意味を持つ。
 Wi-Fi規格の5世代目として、「5G」と呼称をつけられた。
 → ギガビットを超える「第5世代Wi-Fi」、2012年半ば製品登場へ
 ただし、日本においては電波法上の制限があり、実現はまだ先のことになるらしい
 →  次世代の無線LANルーター規格は超高速1Gbps

【PWR100F】

【PWR100F】
・Wi-Fiルータの一種。
・クレイドルに収めた状態では、無線アクセスポイントとして動作する。
 クレイドルから外すと、PPPoEルータモードに自動で切り替わる。
・LANの差込口は一箇所で、通常はWANポートとして使用する。PCをつなぐのは、ルータ設定を変更するときのみ。
 暗号化キーの場所は追記側に。
PWR100F:ブリッジモードの設定方法 [2012/06/27]

◇無線アクセスポイントとしての利用
 自宅内のルータにつなぐことで、アクセスポイントとして稼動。
 あるいはホテルなど「有線LANのポートはあるが、無線LAN非対応」という場合に、これを有線でつなげば、無線LANを利用出来る。
 この方法は、Wi-Fiの設定のみでOK。

◇モバイルルータとしての利用
 USIMをセットし、専用のIDとPを登録する。
 各回線業者の基地局がWi-Fiの基地局となり、このルータを通して複数台の機種で利用可能となる。

◇PPPoEルータとしての利用
 ONU、モデムなどに配線した上で、ISPのID,PWを設定する。
 ただし、クレイドルに置いただけではAPモードになってしまい、ルータの役目を果たさない。なので、スイッチなどに注意が必要。

◇フレッツスポットの「端末認証方式」エリアでの利用
 あらかじめ契約ISPのID,PWを設定しておくことで、該当エリアに入ったときに認証が行われ、利用可能となる。
 PPPoE接続非対応機器(アンドロイドOS、iOS、任天堂DS、PSP)をWi-Fiで接続し、PWR100Fを通すことで、端末認証方式のフレッツスポットを利用する方法。
 注:WEB認証方式を使う場合は、この機器そのものが不要です。
 この参考画像でピンとくるかな?
 PWR-100_2014316.png

【MacBook Air】

【Macbook Air】
・Apple社製のノートパソコン。
 Airの名が示すとおり、無線LAN搭載。というよりも、無線LANしか搭載されていないため、このMacを生かすには無線環境必須。

・OSは[OS X Mavericks]
見た目上はMac10.7と一緒と考えて差し支えない。ちなみにネットワーク設定ではAirMacではなく「Wi-Fi」として表記されている。

 公式で「新しい」となってるのは、どこからを示すのかなぁ。

◆PWR-N1000 有線LANだけで設定する方法

 無茶振りもいいとこですが、可能です。
 めっちゃくちゃめんどくさいですが、出来ます。
 ただし、「有線口は一か所しかないので、HUBをつけても有線RTには出来ません」
 無線機器があるなら、Wi-FIを繋いでそれから設定したほうが建設的です。
 借りてきたPCに有線しかないとか、そういうときくらいしかメリットがないです。接続確認ができないので、メリットですらないですけど。

1 充電済みPWR-N1000を、電源を切った状態でクレイドルに嵌めます。

2 クレイドルのスイッチを「インターネット」に合わせます。

3 クレイドルのLAN口に、PCからのLANケーブルをつなぎます。
  LANケーブルを繋いだら、PWR-N1000に電源を入れましょう。

4 有線LANのIPアドレスに192.168.11.X/1を確認します。
  出来なかったら5分待機。それでもだめならPWR-N1000の電源を入れなおす(ボタンは長押しね)。

5 192.168.11.1へブラウザからログインする。PWはマニュアル参照。
  ログインの際、「WAN側接続が確認できない~」と警告が出ますが、当たり前なので無視。

6 ログインした後は「◇PWR-N1000 PPPoE接続設定」を参照し、ISPのID,PWを登録。
 ※LTE/3G設定の場合は、【参考】PWR-N1000 LTE/3Gの設定画面【資料】を参照してください。
  ないと思うけどな!?

7 設定したら、PCへつないであるLANケーブルを外し、PWR-N1000の電源を切ります。

8 電源を切った状態で、クレイドルのスイッチを「インターネット」に切り替えます。

9 LANケーブルの差し込み口は一か所しかないので、有線PCのみの場合は確認もできません。
  これでおしまいです。

◇PWR-N1000 PPPoE接続設定

・PWR-N1000を、固定回線用の無線ルータ(PPPoeルータ)として使用する場合の設定方法です。
 無線LANでの利用しか出来ない作りなので、注意してください。
<注意>
 コンセプトがモバイルルータ(=持ち歩けるWi-FIルータ)なので、無線LANなしでの利用は、念頭に置かれていません。
 有線パソコンだけでルータとして使うことは、不可能です。
 設定時だけ有線、ということでしたら、「PWR-N1000 有線LANだけで設定する方法」を参照し、やるかどうかは自分で決めて下さい。

0 設定に使う機器を、Wi-Fiで接続しておきます。

1 クレイドルのスイッチは、「インターネット」に合わせます。LANケーブルは、ONU/VDSLに繋ぎましょう。
→インターネットの接続設定をするから、ね。
 PWR-N1000_cradle.png


2 PWR-N1000をクレイドルに嵌めて、電源をON。
  繋いだ機器側で、[192.168.11.XX]が取得出来れば準備OKです。
 169.254xxx.xxxのままであれば、PWR-N1000をいったんクレイドルから外し、電源を切ります。10秒以上待って電源を入れなおし、クレイドルに嵌め直してから、PCを再起動しましょう。

3 ブラウザから「192.168.11.1」へログインしましょう。ログイン用のPWは自分で設定してね。

4 左上の「基本設定」をクリック。
 PWR1000-pppoe01.png


5 さらに「基本設定」をクリックすると、右側の画面が出ます。
  デフォルトでは「無線LANアクセスポイントモード」となっているので、これを変更します。
 PWR1000-pppoe02.png


6 「PPPoEルータモード」を選択。
 PWR1000-pppoe03.png


7 すると、グレイアウトしていた最下段に、入力できるようになります。
  入力出来たら、右下の「設定」をクリック。
 PWR1000-pppoe04.png


8 設定を押した後、ピンクの文章が出てきます。
 左側の「保存」をボタンを押し忘れると、入力した内容が消えるので注意。
 PWR1000-pppoe05.png
 入力した内容が消えるのは、「保存ボタンがオレンジ」のまま、再起動や電源の入れなおしをしたときです。
 ・・・この仕様はNECなんだけどなぁ・・・。

【ゆるこみ】

・NTT西日本が提供する、フレッツ回線を利用したサービス。
 がちがちの監視ではなく、ゆるっと相手を見守ろう、という意味らしい。

<利用料金>
・フレッツ回線の使用料金のほか、アプリ利用料金が必要。
 メインユーザー:月額190円(契約要)
 メインユーザと通信する相手は無料(ただしフレッツ回線ユーザであることが条件になる)。

<見守り機能>
・カメラで動きを検出し、用意されたキャラクターの動きや音で、相手の現状を知らせる機能。
 これはあくまでキャラクターが知らせるだけで、カメラとして機能するわけではない。

<メッセージ>
 スタンプ、背景フレーム、手書きメッセージなどを相手に送付できる。
 キーボードなしでも可能。
 注:光BOXでは、受信のみ可能(手書き認識機能がないため)。

<写真>
 モバイル回線などが使えるなら、外出先から相手に写真を送ることが出来る。
 注:光BOXでは、受信のみ可能。

<TV電話>
 TV電話としても利用可能。
 注:光BOXでは、別途WEBカメラ要。

<契約について>
・ゆるコミ利用料を支払う必要があるのは一人だが、その一人はフレッツユーザーであること。

<端末条件>
 Wi-Fi環境が利用出来ること。
 アンドロイドOS4.0以上であること。
 また、TVカメラ用と見守り通信用に、インカメラ(ディスプレイ面のカメラ)を有すること。
 GooglePlayからのダウンロードが可能であること。
*光ボックスはいずれの条件にも当てはまらないが、例外として利用可能。





FC2 Management