FC2ブログ







筆ぐるめ 宛名面(表面)の差出人サイズを変える方法

A 可能です。

1 宛名面/表面画面を出しておく。

2 「用紙」タブを開き、使いたい配置の用紙を選択する。

3 プレビュー画面上部にある「位置補正」をクリックする。

4 固定が外れてドラッグできるようになるので、枠の大きさを変更し、好みのサイズに合わせる。
※ ただし、上部へ伸ばすことはお勧めしません。年賀状は消印部分が印刷されているので、通常のインクジェットだとインクが弾かれます。顔料、染料とも無理です。
 リボン印刷式なら大丈夫かもしれませんが、消印にかぶる、というのは、見た目もあまり、よろしくないかと?

5 調整した用紙は、必ず保存してください。
スポンサーサイト

筆ぐるめ 宛先面の文字サイズを変更する方法<フォント変更と位置補正>

<注意事項>
 これはあくまで「レイアウトの変更」であり、保存は出来ますが、用紙設定として反映されます。
 宛先個々人の設定が保存されるわけではありません。
 また、基本は同じなので、バージョン問わず可能です。

1 おもて(宛名)から、「用紙」を表示します。
  ハガキのプレビューエリアに「位置補正」とあるので、それをクリック。
 Gurume_AdressLayout01m.png


2 クリックすると、図のように枠が出るので、ドラッグで変形させます。
  広げる・縮める・移動する。が可能です。
  なお、四隅のマーク以外を使うと、文字がひしゃげますよ。
 Gurume_AdressLayout02.png

筆ぐるめ 印刷指定を利用して、喪中の人の印刷を外す方法

・印刷指定を利用します。
 また、ここで入れたチェックは住所録画面の「メモ」に反映させることが出来ます。

1 「おもて(宛て名)」-「印刷・メール」-「宛て名」-「印刷条件設定-印刷指定を使う」をチェック。
 FG_Pri-sitei.png
 ここで「全て印刷」にしておかないと、ややこしくなりますよ。


2 印刷指定のリストが出ます。
  マーク1から5とありますが、どれでもok。縦列で外したい宛先を指定します。
 FG_Pri-sitei1a.png  


3 印刷指定チェック-「マークでの印刷指定チェック」をクリック。
  FG_Pri-sitei2.png

4 この画面で「チェックしない」にすると、チェックをつけた宛先は「印刷指定チェックが外れた」ことになります。
 FG_Pri-sitei4.png

筆ぐるめ 送信履歴の確認方法

・筆ぐるめの送信履歴は、「印刷した人にチェックを入れておく」というものです。
 F-GurumePrint.png
 まあ、印刷したものを出さないことはないだろうという判断ですね。後から送りなおして二枚届けた
 しかし、実際にこれを確認する方法は、少々ややこしいのが難点です。

1 まず、住所録を開いて 「おもて(宛て名)」 を表示します。
 開いたら 「メモ」 をクリックすると、下の画面が出ます。
 FudeGrume-Memo.png
 ここでチェックされているのは、「印刷を送信履歴に記録する」にチェックを入れて印刷した分だけですので、お間違いなく。

筆ぐるめ 差出人だけの印刷をする

1 住所録に、「名:あ」だけでいいので、登録する。
2 印刷画面で「差出人のみ印刷する」 をチェック。
3 同じ画面で「住所が無くても印刷する」をチェック。
4 印刷する。

 はがきソフトなので、「住所録に名前がないものを印刷する」ということは、考えていないようです。
 もちろん、普通の住所録を使って「差出人のみ印刷する」をチェックする。もありですよ。
 FGW_20141223.png