FC2ブログ







Word 図形の既定値(色・線の太さなど)を変える方法

1 その文書内だけでいい場合
 図形と線で、それぞれの設定が必要です。
<図形>
 図形を選び、好みの設定にする。
 その図形を右クリック-「図形の既定値に設定」をクリックする。
 ※2010以前は「オートシェイプの既定値に設定」です。

< 線 >
 図形を選び、好みの設定にする。
 その図形を右クリック-「図形の既定値に設定」をクリックする。
 ※2010以前は「オートシェイプの既定値に設定」です。

2 今後作成するすべての文書で、既定値を変更する場合
 上記の作業を、ワードのテンプレートファイル上で行います。
 その後、図形を消して白紙状態に戻したファイルを保存します。
 *テンプレートの変更は、自分でやれる人以外の手出しは避けましょう。

<For Mac>
 上記操作の「右クリック」を、「Control+クリック」に置き換えてください。

Word 便箋風に罫線を入れる

・Wordの罫線は、あくまで「ページの外枠」、あるいは「表の罫線」を指します。
 レポート用紙、便箋のように罫線を引いた上に文字を書くという機能はありません。ていうか、Wordが綺麗に揃えてくれますから、必要ないんですよね。

 ただ、たまに、「罫線がなければ認めない」という頭の固いレポート提出などもあり、頭を痛める方もいらっしゃるようです。
 少々面倒ですが、そんなときのやり方です。


1 まず、グリッドを表示します。
 「表示」タブから、「グリッド線」をチェック。
 word_gridLINEm 

 こんな感じに、文字と位置が合っていればOK。次に進みます’(合わない場合は、追記を参照してください。)
  word_gridLINE00.png 


2 「挿入」から「図形」、「直線」を選びます。
 word_gridLINE02m.png

3 端っこまで線を引く(シフトキー使うとまっすぐひけます)
 word_gridLINE03.png



4 引けたらコピーして、貼り付けはりつけ貼り付け・・・・
 word_gridLINE04.png


5 ドラッグで移動したら完成。勝手に吸着してくれるはずなので、それほど手間ではないかな?
 吸着しないようなら、矢印キーでの微調整もお勧め。
 word_gridLINE05.png

◆注意◆
 このやり方は、設定があくまで「デフォルト値」であることが前提です。グリッドの位置が2行おきになったり、妙にせまくなったりする場合は、追記にある段落設定を確認してみましょう。

Word セルの高さを限界まで低くする

・普通にワードで表を作るだけでは、この図のような低いセルは作れません。
 word_hyou.png

 これを作るには、けっこうメンドイ工夫がいります。

0 低く作りたいセルを範囲選択しておきます。行ごとですよ。

1 「段落」を開きます。
  Word2007_danrakuM.png


2 行間を「固定値」、間隔を「1pt」に変更。
 word_hyou01_20150906151224c03.png
 図にある通り、全く読めない・・・どころか、カーソルでのクリックも大変になるよ。



 
word_hyou02.png

 高さは0.4mmが限界。
word_hyou04.png

4 あ、最初は文字位置が「上段」なので、改行マークがそもそも表示されません。
 「中段」にしておいたほうが多少わかりやすいかも。
 word_hyou03m_20150906151227c73.png

 

Word 表の後ろの余分な白紙、不要な改行マークを消す方法。

・Wordで表を作った際、余白いっぱいに広げると、何故か白紙のページが発生します。
 「することがある」のではなく、「必ず発生」します。
 これはWordの仕様の一つで、「表はオブジェクトなので、改行マークとワンセットで作成する」という理由らしいです。
 抱き合わせですね。(ぇ
 Word_table-enter00.png
 まあ、印刷時にパス出来ればそれでもいいんですが。

<方法1 余白を狭める、表サイズを小さくする、一行の高さを短くする、幅を狭くする、などで調整する。>
 Word_table-enter01.png Word_table-enter02.png

 Word_table-enter03a.png
 が、この方法だと表が崩れたり、どうしても文字が収まらなかったり、全体を弄らなければならなかったりと、けっこう大変です。

 ということで、確実な方法がこれ。

<方法2 表のプロパティで、文字列の折り返しを有効にする>
 Word_table-enter02a.png

 折り返しを有効にしてから、画像を動かす要領でちょっとずらす。と、改行マークが上に来ました。
 Word_table-enter04.png

 表の位置は、プロパティでの指定もできます。
 Word_table-enter04a.png Word_table-enter04b.png

ワード 挿入した図形を二重線(三重線)・点線にする方法

【挿入した図形を二重線・点線にする方法】
 まあ、こういうことですね。
 Word0531.png
  左端がベースの図形。      で、真中が点線。   右端は三重線だ。

 どうやるかは、意外と簡単。
1 線を変えたい図形を右クリックして、「オートシェイプの書式設定(o)」をクリック。
 Word0531a.png

 書式ウィンドウが出るので、スタイル:線の種類、実線/点線を選択。
 Word0531b.png
 
 ただし、実線/点線で選択したものが優先されるようなので注意。
 Word0531c.png
 あと、太さを指定してしまうと、実線で表示されますので、そこも注意どころね。