FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エクセル グラフの色を一部だけ変える。+透明(透過)する。

【グラフの色を一部だけ変える】
 まず、色を変えたいエリアをダブルクリックし、○を出します。
 graph_color02.png

 ○が出ている状態で、そのエリアを右クリック-「データ要素の書式設定」をクリック。
 graph_color03.png

 初期値で「自動」「要素を塗り分ける」にチェックが入っています。
 graph_color04a.png
 「要素を塗り分ける」のチェックを外さないよう注意。理由は最下段まで行くと判明します。

 チェックを「塗りつぶし(単色)」に変更します。
 最下段に「色(C)」が出るので、好きな色をどうぞ。
 「その他の色」を選ぶと、ここにない色(パステルカラーっぽい色)も選べます。
 graph_color04b.png
 そのほかのグラデーションなんかも面白いですよ。

【透明化する】
 こんなことも出来ます。透過されてるでしょ。
 graph_color05.png

 「データ要素の書式設定」の出し方は同じ。
 透過性(T)で透明度を変更します。
 graph_color05a.png
 このウィンドウは動くので、グラフを見ながら調整、なんてことも出来ます。
 グラデーション、テクスチュアでも同じように透過されますよ。

・さて、これは応用です。何をしたでしょう?
 graph_color06.png

 塗りつぶしなし(N)と、
 graph_color06a.png

 枠線の色/「線(単色)、色指定」の合わせ技です。
 graph_color06b.png

 さて、これはわかるかな?
 graph_color07.png

 要素を塗り分ける(V)のチェックを外すと、こうなります。
 graph_color07a.png

 これは更に合わせ技。
 要素を塗り分ける(V)のチェックを外し、「塗りつぶしなし」をチェックして、「枠線を赤」にしてみました。
 graph_colorchange2.png
 見た目は悪くないな。
 
スポンサーサイト

エクセル 【グラフエリア】と【プロットエリア】

【グラフエリア】
・判例が表示される部分、背景部分が『グラフエリア』。
 ぐらふえりあ
 ここを選んであっても、デザインは変更出来ない。

【プロットエリア】
・グラフ周囲の長方形部分が『プロットエリア』。
 ぷろっとえりあ
 ここを選んであると、グラフのデザインが変更出来る。
 判例の色は、グラフの色を変えると一緒に変更されます。

エクセル グラフの色を変える

 グラフを作ると、微妙にカラフルなデザインで作成されます。当然、色を変えたい場合が出るわけでして。
 デフォルトのぐらふ。

【簡単に変えるなら】
 「グラフツール」の『デザイン』タブから、選びましょう。
 graph_color0.png

 こうなります。
 graph_colorchange.png

 もちろん、個々の色を変更することも出来ます。
 透明にしたり(黄色い部分ね)、一部分だけ塗りつぶしなしにしてみたり。全部の色を一緒にしてみたり。
 graph_color06.png graph_color07.png

 これは実は透明ではなくて、塗りつぶしをなしにして、線だけで描いた状態です。
 graph_colorchange2.png
 それぞれ、解説ページに飛ぶようになります。・・・頑張る。

Excel グラフにタイトルをつける(セルを参照しない)

 グラフを選択した状態で、「レイアウト」-「グラフタイトル」-「なにか」。
 graph_03a.png
 ここでは「その他のタイトルオプション」ですが、お好きなものでどうぞ。
 こんな風に出てきます。
graph_03b.png
 このまま文字を編集することも出来ますし(枠の中でクリック)、すでに入力してあるセルを参照することも出来ます。

・ブログ内記事:セルを参照して、グラフタイトルにする

エクセルのグラフツール

【グラフツール】
・グラフが作成してあり、なおかつグラフそのものが選択されている(加工できる状態)のときにのみ、表示される。
 graph_00.png
 つまり、グラフを作っていない状態では出て来ないのです。

 これがわかってないと、鳴神のように苦労することになるのです・・・。

 グラフを作るのは、ブログ内記事「グラフを作る/挿入。」をご参照あれ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。