FC2ブログ







【Bit Map Font】-ビットマップフォント-

【Bit Map Font】
・点の集合体で作られたフォント。 別名を「ドットフォント」とも言う。
 一文字あたりのデータ量が少なくて済むため、ファミコンの文字、PCの基礎画面の文字は、BITMAPで作られている。
 BIT=点、MAP=敷き詰める、という意味。作ろうと思えば漢字や絵文字も出来る。

・点の集合体なので、拡大した場合は変形せず、荒い(というかそのまま大きくなるので、文字のフチがギザギザな感じになる)。なので、印刷には向いていない。
 そのため、「スクリーンフォント(画面用フォント)」と呼ばれることもある。

【TrueType FONT】

【TrueType FONT】 トゥルータイプフォント
 輪郭線の境界を曖昧にすることで、拡大しても滑らかな線を保つように作られたフォント。別名を「スケーラブルフォント」ともいうらしい。
 この線は演算結果を元に描かれていて、こんな感じに、グラデーションが掛かっている。
 トゥルータイプフォント
・Apple社によって開発された規格であり、現在では Mac OS、WindowsOS などで、標準的に使用されている。

・トゥルータイプフォントとは「拡大しても滑らかな線を保つフォントの総称」であり、特徴によって何種類かに分けられる。
 <アウトラインフォント>
 ワードアートなどで、「白抜き文字」を作ることが出来るフォント。

 字の輪郭(=アウトライン)を基礎としているので、輪郭線と内部の色を変えることが出来る。
 内部を白く塗りつぶすと、白抜き文字になる。
 正確には「白塗り文字」だと思うんだけどなー。
アウトラインフォント
 <ストロークフォント>
 ワードアートなどで、「白抜き文字」にならないフォント。

 中心となる一本の線(=ストローク)を基礎としているので、輪郭線との区別がない。
 そのため、輪郭線を残す必要のある白抜き文字を作ることは出来ない。
font_sironuki2.png

【ワードアート】

【ワードアート】
・マイクロソフトのWord、エクセル、アクセス、アウトルックが備える「文字装飾」の機能。
 Micorsoft Word と、Micorsoft Outlook が備えるワードアートは同じものだが、
 Micorsoft Excel、Micorsoft Access が備えるワードアートは別物。
 ただし、Wordで作ったワードアートをコピー&ペーストすることで、エクセル、アクセスでも加工可能。逆もまた可能です。
こっちがエクセル、アクセスのワードアート。こっちはワード、アウトルックのワードアート。
art_exll.pngart_word.png