FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無線LAN 外付け子機/PCカード型の設定方法と注意点。

すでにレガシーデバイスなので、単なる覚書です。

1 ドライバーを用意する。CDでも、EXEでもいい。
2 インストーラを起動する。
3 インストーラの指示に沿って、無線カードを挿す。
  ドライバの自動認識が終わるのを待つ。

 外付けの子機はメーカーが用意するユーティリティがあるので、それで設定すると早いです。
 無線のなんたるかを理解したいなら、ユーティリティはお勧めはしません。

注意:電源が入ったままでの抜き差しは厳禁。
スポンサーサイト

PWR-100F 無線チャネル変更図解

1 ログイン後、「かんたん設定」から「無線の基本設定をする」をクリック。
 PWR100F-CHchange01.png

2 「SSIDと無線チャンネルの設定」になるので、「現在のチャンネル」に「+5」したチャンネルを選ぶ。
 「+5」出来ないときは、「-5」でもOK。
 PWR100F-CHchange02.png

◆PWR-N1000 有線LANだけで設定する方法

 無茶振りもいいとこですが、可能です。
 めっちゃくちゃめんどくさいですが、出来ます。
 ただし、「有線口は一か所しかないので、HUBをつけても有線RTには出来ません」
 無線機器があるなら、Wi-FIを繋いでそれから設定したほうが建設的です。
 借りてきたPCに有線しかないとか、そういうときくらいしかメリットがないです。接続確認ができないので、メリットですらないですけど。

1 充電済みPWR-N1000を、電源を切った状態でクレイドルに嵌めます。

2 クレイドルのスイッチを「インターネット」に合わせます。

3 クレイドルのLAN口に、PCからのLANケーブルをつなぎます。
  LANケーブルを繋いだら、PWR-N1000に電源を入れましょう。

4 有線LANのIPアドレスに192.168.11.X/1を確認します。
  出来なかったら5分待機。それでもだめならPWR-N1000の電源を入れなおす(ボタンは長押しね)。

5 192.168.11.1へブラウザからログインする。PWはマニュアル参照。
  ログインの際、「WAN側接続が確認できない~」と警告が出ますが、当たり前なので無視。

6 ログインした後は「◇PWR-N1000 PPPoE接続設定」を参照し、ISPのID,PWを登録。
 ※LTE/3G設定の場合は、【参考】PWR-N1000 LTE/3Gの設定画面【資料】を参照してください。
  ないと思うけどな!?

7 設定したら、PCへつないであるLANケーブルを外し、PWR-N1000の電源を切ります。

8 電源を切った状態で、クレイドルのスイッチを「インターネット」に切り替えます。

9 LANケーブルの差し込み口は一か所しかないので、有線PCのみの場合は確認もできません。
  これでおしまいです。

【参考】PWR-N1000 LTE/3Gの設定画面【資料】

・PWR-N1000の3G/LTE(モバイル利用)の設定画面。
 PWR-N1000-LTE3G.png
 参考程度に。

◇PWR-N1000 PPPoE接続設定

・PWR-N1000を、固定回線用の無線ルータ(PPPoeルータ)として使用する場合の設定方法です。
 無線LANでの利用しか出来ない作りなので、注意してください。
<注意>
 コンセプトがモバイルルータ(=持ち歩けるWi-FIルータ)なので、無線LANなしでの利用は、念頭に置かれていません。
 有線パソコンだけでルータとして使うことは、不可能です。
 設定時だけ有線、ということでしたら、「PWR-N1000 有線LANだけで設定する方法」を参照し、やるかどうかは自分で決めて下さい。

0 設定に使う機器を、Wi-Fiで接続しておきます。

1 クレイドルのスイッチは、「インターネット」に合わせます。LANケーブルは、ONU/VDSLに繋ぎましょう。
→インターネットの接続設定をするから、ね。
 PWR-N1000_cradle.png


2 PWR-N1000をクレイドルに嵌めて、電源をON。
  繋いだ機器側で、[192.168.11.XX]が取得出来れば準備OKです。
 169.254xxx.xxxのままであれば、PWR-N1000をいったんクレイドルから外し、電源を切ります。10秒以上待って電源を入れなおし、クレイドルに嵌め直してから、PCを再起動しましょう。

3 ブラウザから「192.168.11.1」へログインしましょう。ログイン用のPWは自分で設定してね。

4 左上の「基本設定」をクリック。
 PWR1000-pppoe01.png


5 さらに「基本設定」をクリックすると、右側の画面が出ます。
  デフォルトでは「無線LANアクセスポイントモード」となっているので、これを変更します。
 PWR1000-pppoe02.png


6 「PPPoEルータモード」を選択。
 PWR1000-pppoe03.png


7 すると、グレイアウトしていた最下段に、入力できるようになります。
  入力出来たら、右下の「設定」をクリック。
 PWR1000-pppoe04.png


8 設定を押した後、ピンクの文章が出てきます。
 左側の「保存」をボタンを押し忘れると、入力した内容が消えるので注意。
 PWR1000-pppoe05.png
 入力した内容が消えるのは、「保存ボタンがオレンジ」のまま、再起動や電源の入れなおしをしたときです。
 ・・・この仕様はNECなんだけどなぁ・・・。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。