FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【オフィスネットおまかせサポート】

・光ネクストのOffice利用者向けサポート。
 マイクロソフトのサポートがある日本国内向けPCと、NTTが指定するAndroid端末でサービスが受けられる。
 機材も同様にメーカーサポートがある日本国内向けのものに限る。

・NTT西日本製ビジネスフォンがサポートあり(故障きりわけのみ)

・IPv6環境であること。

・電話サポートとIT管理サポートがある。電話サポート単体契約は出来るが、ITサポート単体は契約不能。

 大まかにまとめるならこんな感じ。
スポンサーサイト

【DoSpot】

 NTT MEDIAS が運営する店舗用無料Wi-Fiスポット。
 フレッツ回線にDoSpot専用のWi-Fiルータ(レンタル)を設置することで利用する。
 この際、DoSpot対応のISPと契約が必要。

 オーナー専用のSSIDと、ユーザ用のSSIDに分かれていて、ユーザ用は15分×4の時間制限がある。

【フレッツスクエア】

・NTT東西が運営する動画サイト。
 …だったと思う。

NTT東日本では、名称を「サービス情報サイト」と変更して継続。
 ただし、こちらはIPv6通信を利用するサイトとなっている。

NTT西日本では、2011年にサービス終了。
 こちらにも「サービス情報サイト』自体はあるが、フレッツスクエアの後継ではない、新しいサービスという位置づけになっている。

【SMTP認証アカウント】

・SMTP認証のためのID、PWのこと。もっと簡単に言うなら、メールアカウントのこと。

・SMTP認証とは、メール送信時に本人確認をすることで利用可否を判断する仕組みのこと。
 ですが、「SMTP認証アカウント」なんて単語は、NTT西日本のフレッツ接続ツールが出すメール設定画面以外で、見たことも聞いたこともないですね。

【セキュリティ対策ツール】

・NTT西日本が、「フレッツ回線契約者向け」に用意したセキュリティ対策ソフト。
 実態はウィルスバスタ(クラウド)のOEM。
 光コラボ回線も、NTTの回線なので対象となる。

<対象OS>
 Windows系 MSサポートがあるOSの最新版/SP要
 AndroidOS 最新版
 インストール後にサポートが打ち切られても、いきなり動かなくなるということはありません。

<対象回線>
 光ネクスト/隼、フレッツ光ライト、光プレミアム、Bフレッツ、フレッツADSL
 ただし、Bフレッツについては新規契約申し込み終了に加えて新規回線自体も終息に向けて動いているため、実質利用不能。

<利用環境>
◇光ネクスト/隼、ADSL、Bフレッツ
・IPv6通信が利用可能であること
 無線LAN環境でも利用可能だが、「無線LANを通して、IPv6通信が可能であること」が条件になる。
 また、アップデートは「契約者の光回線を経由している場合」に限られる。

◇光プレミアム
・CTUをメインのルータとすること
 最新版でなくてもいいなら、アップデートのときだけLANケーブルをつなぎかえるという方法もある。

<仕組み>
・NTTのIPv6網内に用意された専用サーバーから、更新データをダウンロードする
 これは外部からも接続可能なので、YBBのルータを利用していても、IPv6通信さえ可能なら利用OK。
 逆にいえば、IPv6通信が出来なければ利用出来ない。一部の有線専用ルータや、古い無線ルータでは注意が必要。

<無料ライセンス>
・フレッツ光ネクスト、フレッツ光プレミアムに用意された、PC1台分の無料ライセンス。

◇光プレミアムとセキュリティ対策ツール
・CTUがIPv6の信号を受け取り、IPv4信号に変換した上で、ローカルエリアネットワーク内に配信する。
 そのため、CTU直結か、ブリッジにしたルータの配下でなければデータが受け取れない状態になる。

◇光ネクストとセキュリティ対策ツール
・IPv6網を通してデータが配信されるデータを受け取るだけなので、IPv6パススルー対応の機器であればメーカー問わず利用出来る。
 ただし、無線経由での利用の場合、ルータ側の設定変更が必要なこともめずらしくない。

◇光ライトとセキュリティ対策ツール
・条件はネクストと同じ。
 ただし、データの受信は通信量として扱われるので、ほぼ毎月、高額な方の請求が来ることになる。なので、ライト回線でセキュリティソフトを使うくらいなら、普通のネクストに切り替えるほうがお勧め。

◇光コラボとセキュリティ対策ツール
・セキュリティ対策ツールは光コラボでも利用可能。
 ライセンスプラス(追加ライセンス)をコラボ事業者へ申し込めばOK。

◇光コラボと無料ライセンス
・転用継続のコラボ回線
 事業者によって継続可否が分かれる。
 利用出来る業者でも、シリアル番号が変わるので再インストール必須。

・新規契約(転用新規)のコラボ回線
 無料ライセンスは付随しない。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。