FC2ブログ







登録メールアドレスの確認と変更

Ver6(光ネクスト):セキュリティ申し込み設定ツールからログインし、契約内容を確認する。

Ver22(光プレミアム、V6ツール):Sツールの「設定変更」からユーザ情報変更
スポンサーサイト

強制削除方法(削除ツール名称リスト)

・通常の削除ツール(すべてのプログラム-NTTW-セキュリティ対策ツールの削除/アンインストール)での削除に失敗したときや、成功したはずなのに消えていないときなどに、強制的に削除する方法です。
 また、Win8では「最初から削除ツールを使うことが推奨」されています。

 以下のリストにあるソフトを検索しましょう。
 ・ Ver.14 / Ver.15 の場合: 「pcctool」
 ・ Ver. 1 / Ver.16 の場合: 「tissuprt」
 ・ Ver. 2 / Ver.17 の場合: 「tistool」
 ・ Ver. 3 / Ver.18 の場合: 「tistool」
 ・ Ver. 5 / Ver.20 の場合: 「supportTool」
 ・ Ver. 6 / Ver.21 の場合: [supporttool]

・該当のものを検索でひっかけて、あとは「アンインストール」へ進みます。

URL判定表示図解

 こんな感じ。
 URL_checkNTT.png
 まあ、ウィルスバスタの画面と言ってもいいんですが。

ネットワークへの接続に失敗しました。

セキュリティ対策ツールをインストールするときに出るかもしれないエラーメッセージ。
 毎度のことながら、リンク先はNTT東日本。西日本はこういうデータが足りなくていけない。東西統合されたら、東が主導になるんだろうな。
 
いろいろありますが、とりあえず「ONUまたはHGWの電源入れなおし」で回復する場合がほとんどです。
また、無線RTがある場合は、電源を切った上で、PCとHGW(またはONU)をLANで直結すると、たぶんうまくいきます。
無線RTがあると、どうもひっかかるんですよねー。

EFC0201
対処方法:IEのプロキシ解除、ONU/VDSL/HGWの電源入れ直し。
       経路上に無線RTがあれば、それを外してHGWまたはONUへ直結して再試行。
原因:IEのプロキシ設定や、セキュ対サーバへの通信異常。

EFC0202
対処方法:0201の対処。加えて、PCの再起動。
原因:回線違い(光ネクスト、光ライトのみ)、IPV6利用不能、IEプロキシ、無線通信利用。

EFC0203
対処方法:0201の対処方法からプロキシを省く。
原因:回線違い(光ネクスト、光ライトのみ)、IPV6利用不能、無線通信利用。

EFC0204
対処方法:パソコンの再起動。IPV6がインストールされていなければ、CMDにてインストール。
原因:IPV6通信異常。

EFC0205
対処方法:0204と同じ。
原因:0204と同じ。

EFC0206
対処方法:0204と同じ。
原因:0204と同じ。ただし、PC上で他のソフトが起動していて、動作に必要なメモリが確保出来ていない可能性がある。

EFC0211
対処方法:配線を見直して再試行。
原因:OS標準のPPPoE(広帯域)接続でのセキュ対サーバへの通信に失敗。またはPCと機器が有線でつながっていない。

EFC0250
対処方法:再試行ボタンクリック。
原因:キャンセルボタンを押した?

緊急ロックの外し方。

1 画面下のタスクバーから、セキュリティ対策ツールのアイコンを探す。
 SQlock1.png (一方通行)か、SQlock2.png鍵付きになった、薬のカプセルです。単なるSQlock0.png だったら、緊急ロックではありません。

2 見つけたアイコンを右クリックします。
  「緊急ロックを解除(R)」をクリック。
 SQlock5.png

 これが出るはず。
 SQlock3.png

 出なくても、こうなってればOK。
 SQlock6.png