FC2ブログ







【ジャーナリング機能/ジャーナリングファイルシステム】

【ジャーナリング機能/ジャーナリングファイルシステム】 Journaling file system
・ディスクに障害が発生した際の備えとして、ファイルの更新内容や履歴のバックアップを保存しておく機能。
 また、その機能を持ったファイルシステムを「ジャーナリング ファイル システム」という。

スポンサーサイト

【メモリ】と【フラッシュメモリ】と【不揮発性メモリ】

【メモリ】 memory
・コンピュータ内で、データやプログラムを記憶する装置。
 単純に[メモリ]と言う場合、半導体記憶装置を指す場合がほとんどとなる。これはCPUが直接読み書きをするRAMやROMを指す。

【RAM】 Random Access Memory
・半導体素子を利用した記憶装置。コンピュータのメインメモリ(主記憶装置)に利用される。メインメモリのことをRAMと呼ぶこともある。
 データの読み書きを電気的に行うため、動作が高速で、CPUから直接アクセスできるが、単位容量あたりの価格が高いため大量には使用できない。また、電源を切ると内容が失われてしまうという欠点がある。

【メインメモリ】 主記憶装置
 CPUがRAMを利用して作業をするための領域。コンピュータの性能を大きく左右する重要な要素となる。
 ただしこのメインメモリのデータは、PCの電源を切ると解放され、残らない。パソコンがフリーズしたときに電源を切ると回復するのは、このメインメモリの処理が空回りしていたり、いっぱいいっぱいになっちゃってることが多いためです。

【ROM】 Read Only Memory
・読み出し専用記憶装置。書き換える必要のない情報や、書き換えられては困る情報を記憶させたのち、読み出しのみに使用する。
 電源投入時、最初に読み込まれるプログラムの記憶などに使われる。

【フラッシュメモリ】flash memory
・書き換え可能であり、電源を切ってもデータが消えない不揮発性の半導体メモリ。フラッシュEEPROMまたはフラッシュROMとも言う。
 現在はUSB形式のフラッシュメモリ(別名をUSBメモリ)が主流となっている。

【EEPROM】Electrically Erasable Programmable Read-Only Memory
 不揮発性メモリの一種。
 専用の機器(ロムライター)を使うことでのみ、内容の書き換えが可能(PC起動時のロゴなどは、このEEPROMに記憶されている・・・はず)。

不揮発性メモリ】 Non-volatile memory
・別名を[不揮発性記憶装置(英: non-volatile storage)]とも言う。
 コンピュータで使われる記憶装置の一種で、電源を供給しなくても記憶を保持するものを指す。逆に電源を供給しないと記憶が保持できないメモリは[揮発性メモリ]と呼ばれる。

ハードディスクあれこれ。

【FAT】 File Allocation Table
 ハードディスクやフロッピーディスクにファイル(データ)を保存するときに使われている仕組みのひとつ。
・ファイルが保存されている場所を、一覧表のようにして管理する。
・いくつかのバージョンがあり、数字が大きいほど管理できるデータが増える。

【Fat16】
 Windows 95まで使われていた方式。
・2GBまでしか管理できないため、それ以上の容量がある場合は複数のパーティーションに分ける必要がある。
 ◆数値は間違ってません。1ケタですょっ><

【FAT32】
・後期の Windows 95(ORS2)や Windows 98 で採用された方式。
・Windows2000,XP,Macintosh、Linux でも利用可能。
・4GB以上のファイルは扱えない。
・新規のフォーマット作業では、意図的に32GiBまでの制限が設けられている。そのため、32GiBを超えるサイズのボリュームを作成するには、サードパーティー製のフォーマットツールを利用する必要がある。
【NTFS】 NT File System
・Windows NT/2000/XPで使われるファイルシステム。
・MacOSに於いては、OSX以降であれば、必要なプログラムを追加インストールすることで利用可能になった。
・複数ユーザがアクセスするサーバでの運用を念頭において設計されているため、アカウントごとのアクセス権設定機能を持つ(FAT/FAT32ファイルシステムにはない)。
 Windows 2000以降で使われているNTFS(NTFS 5、NTFS 2000等)はジャーナリングファイルシステムとしての機能を持つようになり、突然の停電などに見舞われた時にデータが失われる可能性が低くなっている。
 また、Windows 2000のNTFSでは、ファイルシステムレベルでの暗号化なども可能になっている。

【パーティーション】
 1台のハードディスク内部を、複数の領域に区切ること。一部データが破損しても、パーティションで区切ってあれば他の領域は無事であることも多い。
・Windowsは、通常CドライブにOSをインストールします。そのため、追加インストールするソフトウェアも、大半はCドライブ内にインストールするように設定されています。
 市販のPCは、1台のHDDを[Cドライブ][Dドライブ]にパーティション分けし、CドライブにOS(リカバリ領域含む)をインストールしてあるものが大半です。
 また、ピクチャフォルダなどもWindowsフォルダ内に出来るため、Cドライブに格納されます。そのためにCドライブが圧迫されて、でもDドライブは空っぽ、なんてこともあったり。

 ていうか、システムフォルダは肥大するにきまっているのに、Dドライブの2割以下しか用意しないという考え方は如何なものだろう。