FC2ブログ







〔Epson ESC/P-R〕

・セイコー・Epson製プリンタ用の汎用ドライバ
 Windows7以降、OSに各種ドライバが搭載された状態で出荷されることとなっている。そのため、プリンタをUSBケーブルでつなぐと、この汎用ドライバが自動でインストールされて、とりあえず、印刷が可能になる。

 「とりあえず」なのは、あくまで汎用なので、A4印刷が出来ず、レターサイズしか選べなかったり、スキャナ機能で本来の精密さが出せなかったりするため。
 専用ドライバのほうがプリンタ性能を生かせるので、きっちり入れなおしましょうね。

 元々は、セイコー・エプソンが開発した、ドット・インパクト・プリンタ用の制御コード体系を指すらしいです。
 あと、ほかのメーカにも同様の汎用ドライバはあるはずですよ。
スポンサーサイト

【EP901A】

【EP901A】
・Epson製の無線LAN対応プリンター。本体に操作パネルがあり、無線LANの設定が出来る。
マニュアルの「準備ガイド」を参照すると、図解されていて、わかりやすい。

【Epson WebConfig】

【Epson Web Config】
・インターネット画面のような感じのページから、プリンタのテスト印刷などが行えるツール。
 複数のプリンタがある場合、あくまで「エプソンのプリンタ」を拾ってくるので、既定のプリンタが違うメーカーのものになっていてもちゃんと検出してくれる。
 無線LAN対応プリンタの設定時など、「ツール上は接続出来ているのに印刷出来ない」ようなときに便利。
 場所は、すべてのプログラム-EPSONフォルダの中。
 アイコンはこんな感じ。
 EP_WebConfig02.png

 初めて起動するときに、こういう警告が出るので、許可しましょう。
 EP_WebConfig.png

 プリンタがあれば、ここに表示されます。
 EP_WebConfig01.png