FC2ブログ







最新版のダウンロードに失敗しました/B52-03-01 NTT/フレッツ光ネクスト・ライト設定ツール

エラーコード B52-03-01
環境コード227-1-0-12
<パソコンのPPPOEクライアント>
と表示されて、先へ進めない。

<回答チャート>
・無線ルータがある
 YES APモードに切り替えましょう
 NO 或いはAPモードにしてある
 その他 YahooBB(Softbank)の無線ルータがある→設定不要です、中止しましょう。

・APモードにした無線RTがある
 あきらめて手動設定に切り替えましょう。
 APモードでIPv6アドレスが取得できていても、CDの通信だけ通さない現象が発生することがあります。

・NTT機器以外は何もない
 手動設定に切り替えましょう。

・セキュリティソフトが原因になることは滅多にありません。
 CDを通さなくてもインターネット設定は可能です。手動設定も通らない場合は、セキュリティソフトを疑うことになります。
 ただし、ソースネクストのウィルスセキュリティは非常に怪しいです。削除するまで動作停止にならないので、要注意。

 いずれの場合も、セキュリティ対策ツールについてはWEB上からのインストールが通るのでご心配なく。

◇ 「Webサイトで、このプログラムを使ってwebコンテンツを開こうとしています」

◇IE 「Webサイトで、このプログラムを使ってwebコンテンツを開こうとしています」
 「このプログラムは保護モードの外で開かれます。Internet Explorer の保護モードはお使いのコンピュータを保護するのに役立ちます。この Web サイトを信頼していない場合は、このプログラムは開かないでください。」

◆このメッセージは、Internet Explorer が持っていない機能を使おうとするときに表示されます。
 要は、IEにはない機能だけど、Windowsが持っているから流用しよう。ということですね。

 アドオン全般でも表示されることはありますし、どういうことか、MS-IMEも引っかかります。
 IE11より古いものは、フラッシュプレイヤーが起動するときや、フラッシュゲームそのものを独立したウィンドウで開くときに、表示されるかもしれません。
 まあ、八割方は全く問題ないはずです。自分が何をしようとしたか考えれば、たぶんそんなに難しくないはずです。

 IMEが引っかかっているときは「今後表示しない」にチェックを入れないと、延々と出続けます。

 これはWindowsUpDateでも発生するので、記事をトップに持ってきていたら何か起きてるなーと思ってください。

 ということで、追記には画像をピックアップしてみました。

◆Windows Live Mail 2011 同じメールが繰り返し届く

<現象>
 メールソフトを立ち上げるたびに、既に受け取っているメールが何度も届く。
 同じメールが複数ずつ届くだけの場合は、「同じメールが2通、必ず届く」を参照してください。

 これはメールソフトの異常ではありません。
 メールサーバ上に、送受信不可能なメールが存在するために、受信が成功しない=完了しない=やりなおす。という判断がされているものと推測されます。

<対処方法>
 メールソフトを使わずに、原因となるメールを削除する。

 ISPのHPから、WEBメールへログインして確認するのが一番早い方法ですね。残っている中の一番古いメールを削除すればいいはずです。

 WEBメールがないISPなら、サポートセンターへ連絡し、原因と思われるメールを削除するなり、何か手を打っていただくよう相談することになります。

 まあ、TELNETなどを使って該当するメールを自力で削除するっていう手もありますが、私には出来ないのでやり方も載せませんよ?


◇プロパティの損失「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?」

 プロパティの損失 プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか? ≪XXXXXX≫は、新しい場所へコピーできないプロパティを持っています。

・データをコピーする際に表示されることがあるメッセージ。
 DVD作成の際にも出ることがある。

・欠落する情報は、「ファイルのアクセス許可関連」と「復元ポイント」。
 とされているが、そのほかにもあるかもしれない。

・上記のプロパティが失われたことでデータに異常をきたしたという実例は見つからない。
 が、安全策を取るなら、以下の情報を熟読するべし。

<原因>
・「ファイルのプロパティに、NTFSフォーマットされたドライブでのみ保持可能な情報が含まれている」こと、らしい。
 プロパティとは、「本文データ以外の情報」のこと。誰が作ったか、どんなPCで作ったか、などもプロパティ情報になる。

 NTFSフォーマット:データを記録する際の方式/約束事の一種で、HDDに採用されている。→【NTFS
 USBメモリやWindowsXP以前のHDDなどはFAT32、ネットワークストレージ用HDDなどは ext3 系が採用されていることもあり、それらのフォーマットの違いが、タイトルのような警告を生み出す元となっている。
 また、DVDなどの作成時にも同様に警告が出ることもある。理由は一緒なので、対処方法も一緒。

[IE] RAPID WARNING : Specified module not in DOM: inf

・YahooJapanのスポーツを開くと、以下のメッセージが出て正常に表示されないことがあるようです。

  RAPID WARNING : Specified module not in DOM: inf

これは、IEのバージョンが古いために必要なデータが見つからず、最新の情報を表示することが出来ない。という状態です。

 このメッセージが出たのは最近で、PCはVISTAではありませんか?

 対処方法は、
1 IEOP/詳細設定で[DOMストレージを有効にする]のチェックを外す。
 IE_DOM.png

2 インターネットエクスプローラのバージョンを上げる

3 他のブラウザを使う
 の、どれかになります。