FC2ブログ







IPV6アドレスの確認方法(コマンドプロンプト)

・スタート-すべてのプログラム-アクセサリ-コマンドプロンプト を起動します。
 Win7CMD
 これはWindows7のコマンドプロンプト。XP以前のものだと全部”英語”だょ。

 これに、[ipconfig]というコマンドを入力します。
 CMD_02.png
 はい、青で囲った部分がIPV6です。
 [リンクローカル IPv6アドレス]というのは、「IPV6機能を持っている機器」に表示されます。 IPv6を扱えない機器であれば、そもそも表示されません。
 もっとも、WindowsVista以降は標準搭載ですが。

 [IPV6アドレス][一時IPv6アドレス]の二つが重要です。
 ここではそれぞれ「2001:〜」になっていて、取得出来ています。これは「2000:〜」になる場合もありますので、注意してね。
 この部分が空白であれば、IPV6が取得出来ていないことになります。
 取得できない理由としては、

 セキュリティソフトに阻まれている。
   
弐 回線上(IPV6サーバへの経路)に問題がある。もしくはIPV6が使えない回線である。

 IPV6が使えないルータ、HUBを経由している。

 こんなところですね。

 他に何か思いついたことがあれば、ぜひコメントをお願いします m(_ _)m

コマンドプロンプトで、IPアドレスを確認する方法[モデル Windows7]

1 スタート-[プログラムとファイルの検索] をクリック 。
 PandFseerch01.png
 

2 「CMD」を入力。
 PandFseerch02.png


3 Enter キー を押すと、コマンドプロンプトが立ち上がります。
  このまま、[ ipconfig ] と入力。(勝手に半角で入るので何も気にしなくでいい)
 CMD_Win7M.png 


4 Enter キーを押すと、下記の表示になります。
  青い枠で囲った部分が、現在のIPアドレスになります。
  ただし、あくまで「今触っているパソコンの、この瞬間のIPアドレス」です。IPアドレスが固定してあるか、自動取得にしてあるかは、ここからでは分かりません。
 CMD_Win7_ipconfigM.png
 線を引いてあるデフォルトゲートウェイは、IPv6のローカルアドレスです。

IPアドレスの調べ方一覧

1 推奨方法(ネットワーク接続アイコンを見る方法)
Windows 8 IPアドレスの調べ方
WIndows 7 IPアドレスの調べ方
Windows VISTA IPアドレスの調べ方
WIndows XP IPアドレスの調べ方
Windows 2000 IPアドレスの調べ方(コマンドプロンプト)
Windows 98、Windows ME IPアドレスの調べ方(winipcfg)
注:WIndows2000以前のOSは、推奨というわけではありません。ネットワーク接続でIPアドレスが見えないので、唯一の方法となります。

2 推奨しない方法(コマンドプロンプトを使う方法)
・すべてのプログラム-アクセサリ-「コマンドプロンプト」を起動。
 コマンドとして「ipconfig」、または「ipconfig/all」を使う。
注:推奨しないのは、この方法だと「IPアドレスが固定されているか否か」が判断出来ないためです。
  ということで、記事も書きません。必要ないし。

【IPv6】

【IPv6】Internet Protocol Version 6
・枯渇するIPv4プロトコルに代えるものとして策定された通信規約で、128biitで構成される。
 個数としては、2の128乗(約340澗/かん)個となり、使い切ることはないだろうとされている。
 管理は JPNIC に任されている。
 実際の運用はIPv4と同じく、JPNICから各業者に割り当てる方式。またJPNICも、さらに上位の機関(ICANN)から各国宛てに割り振られたものを管理している状態。
 現在のIPV4と同じく、エンドユーザはISPから割り当てられるものを使うことになる。

・上記とは別に、NTT東西が管理するIPv6アドレスも存在する。
 これはNGN(Next Generation Network)/フレッツ光ネクストのバックボーンで利用される、閉鎖域用のIPv6。なので、こちらだけではインターネットを利用することは出来ない。
 ISPからのIpv6アドレスを受け取ると、そこからグローバルIPv6網を通ったインターネット通信が利用可能となる。

◇ルータのお仕事◇

 ルータの一番大切な役目は、自分の管理するネットワーク上にある機器(=クライアント)に、IPアドレスを割り振ることです。

 ネットワークでのデータのやり取りは、すべてこのIPアドレスを使って行われますので、これがおかしくなると、そのクライアントは正しいデータを受け取れず、送り出すことも出来ず、ネットワーク上にないのと同じ状態に、なってしまいます。

 IPアドレスについては「IPアドレスとは。」を参照。