スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

変な日本語を使うのはやめませんか?

 この仕事をしていて気になるのが、電話が終わるよと言うときの言葉です。

「○○と申しました。お電話有難うございました」

 ・・・何か、違和感ありませんか?てかあるよねあるに決まってるよねわかるよね?

 「申しました」ってなんだよ!?
 ほら、そこのあなた、答えてみて!?
 無理でしょ、答えられないでしょ!?

 これね、「○○が承りました。お電話ありがとう~」で、いいんですよ。
 苦情だろうと何だろうと、「相手の希望を受け止めて、対処したのが誰か」を明確にするための名乗りなんですから。

 丁寧にすりゃいいってもんじゃないんですよ、敬語って。
スポンサーサイト

(ーー;) 正しい日本語を使いましょう。 (_ _;)_1

 完璧な日本語。というのは、実は非常に難しい言語だそうです。
 オペレータに限らず多いのが、「謙譲語、尊敬語を間違えていることにすら気づいていない」パターンですね。まあこれは正直に言って、本人にその気がなけりゃなおらんのですが。

 次に多いのが、「お~です」とその派形であれば丁寧語になると勘違いしている人。
 間違っちゃいないんですが、変な日本語になります。

 この二つの化学変化が、

 「○○はご利用されていらっしゃいましたか」

 ですが・・・さて、どこがどうおかしいか、わかります?
 たいていの人は、「なんか変だけどどこがどうおかしいんだろう??」になります。偉そうなこと言ってますが、私も悩みました。

 こういうときは、丁寧語その他を省いて考えましょう。

 まずは、「何を言いたいのか」を、丁寧語を使わずに考えてみましょう。ここで聴きたいのは「○○」を使っていたか、ということですよね。
 では簡単に、「○○を使ったことはある?」でいいんじゃないでしょうか?
 そしてそれをちょっとだけ丁寧にして、「○○を使ったことはありますか?」と変化させます。
 これではお客様に聞く言葉じゃない?では尊敬語に変えて、さらに丁寧語を一段階アップしましょう。「○○を使われたことはございますか?」ですね。

 はい? あ、「利用」という言葉を使えないか、ですか?
 やめたほうがいいですね。その発想で失敗したのが、最初に例示した間違い日本語ですから。
 まず、「利用」という言葉の意味を考えてください。これは「役立つように、うまく使うこと」を指します。が、この質問では、使い方や利便性どうこうではなく、「使ったことがあるか、ないか」を聞くだけです。
 「○○という道具を、役に立つように使っていたか?」と聞く意味は、どこにもありません。

 また、この場合は「利用」という単語ではなく、「利用する」という動詞として使います。この違いが理解出来るまでは、使わないほうが無難です。

 不要な言葉を無理に使えば、それは歪な日本語になります。
 言葉の意味を正しく理解して、自分が何をしたいのかを考えて発言すれば、自ずから正しい日本語で話せるようになりますよ。

 あ、そうそう。「ご利用される」は間違った日本語なのは気付きました?

サポートセンターを利用するのは、「分かってない人」と、「分かってないことが分かってない人」です。

 やり方が分からない人に「分からなくなったらメーカーに聞いてね」 は、あり。なんです。
 メーカーのサポートが自社製品に詳しいのは、当たり前ですから。・・・・・・たぶん。

 でも、分かっていないことが分かっていない人。言いかえるなら、「自分は分かっていると思い込んでいる人」や、「自分は間違っていない、教える方が下手だからおかしなことになる」と考える人に「わからなくなったらメーカーに聞いてね」と言っても、無意味なんです。

 だってその人は「わかってる」んですから。その人の頭の中では、そりゃもう、完璧に。
 分かってる自分がやっているのに思い通りに進まない。そんなはずはない。教える方が間違っている。自分は間違っていない。悪くない。教える方が悪い。という解釈をするタイプは、何を言っても自分が分かっていないことを認めません。説明するだけ時間の無駄です。

 じゃあ、そういう人にメーカーへ質問するタイミングを、どこで判断してもらうか?

 簡単です。
「うまくいかなかったら、メーカーに相談してくださいね」
 って言えばいいんです。
「メーカーが一番詳しい、公表されていない裏技などもあるかもしれない、だからうまくいかないなら、メーカーへ聞こう。」というふうに話を持っていくと、楽。だと思うよ。

◇記事のルール作り

・記録にある、ないのトラブルは、ある程度の様式を決めておくことで軽減出来ます。

 具体的には、インターネット接続の設定ですね。
 やることは決まっているわけですから、それは様式化してしまったほうが後々、楽になるでしょう。

 その記事を参照するかどうかよりも、「どんなことを書き残すべきなのかを理解しなくても、間違いのない記事」がかける。

 これは、とても重要です。

 あー、こんなことをしたら、オペレータが成長しないじゃないかって?
 様式が決まっている程度で成長しないオペレータを、どう成長させるかってことですか?
 それは本人の問題だ。そこまで面倒見る気はない。
 
 ていうか、最初は分からなくても、繰り返しているうちに、何を書くべきなのか理解出来るのが、学習能力がある人間だと思うんですが。外国語の勉強や漢字の練習って、そういうものじゃなかった?

 私がやろうとしているのは、「余分な情報を残すことによる無駄な労力・時間のロスを省く」方法とも言えます。

建て直し用マニュアルの1 広帯域とショートカットと自動接続

1 広帯域は、防火壁なしてインターネットに繋ぐ状態。言うならば鍵をかけない状態の家で過ごすに等しいので、基本的には推奨されないし、出来ない。PC内部のウィルス対策やファイアウォールがあっても、広帯域では効果は半減する。

2 コントロールパネルまで潜るのが困難であれば、ショートカットをデスクトップ上に作成することを推奨する。

3 IEを開くだけで使いたいなら、インターネットオプション-接続-「ネットワーク接続が存在しないときは、ダイヤルする(W)」にチェック。
  IEを開いたときに、ネットに繋がっていない場合だけ、広帯域接続の画面が表示されるようになる。

4 IE以外のブラウザには、自動接続機能はない。

5 NTT回線なら、スタートアップツールを使う。・・・まあ、ほかの回線でもダウンロード出来れば使えると思われますが。
  →スタートアップツール[NTT] インターネット等接続方法の選択(広帯域自動接続)

6 どうしても納得出来ないなら、[非]IE 自動接続の設定[推奨]を参照。
 自分から侵入者を歓迎する行為だということをお忘れなく。

7 ただし、IE10以後、IEによる自動接続は不可能になっている。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。