FC2ブログ







<質問内容が、ころころ変わる人。>

 このタイプは、大きく二つ・・・三つに分かれます。

 一つ目は、そもそもの理解が間違っていて、訂正されたら自分の考えと違うので、更に聞きなおして、また自分の知識と違うので・・・・と無限ループに陥る人。

 二つ目は、聞きたいだけで、答えがほしいわけではない人。
 勉強できるよアピールで、「質問するための質問」をするタイプですね。

 三つ目は、「自分の言うことが正しい」という回答がほしくて質問を繰り返し、引きどころが見つからない人。

 いづれも、メンドクサイです。すっごくめんどくさいです。だからと言って。

「質問がころころ変わりすぎて案内できない」

 なんていったら相手は切れます・・・よね?
 そもそも、そういうタイプだから、質問がころころ変わり続けるわけですから。
 こういうタイプが切れると、とても面倒なことになります。

 ということで。

 あなたなら、どう言って、相手の意識をこちらに引き寄せますか?

 まあ、身内相手なら怒らせて黙らせるとか、強引に割り込むっていう手もありなんですけどねー。

勘違いした人への言い回し

 セキュリティ対策ソフトなどを入れ替える際、旧バージョン(または他社製セキュリティ)を削除した上で、新しいものをインストールします。
 ただ、「旧版を削除する」ことを知らない人は、結構多いんですね。
 作業を案内していると、「削除が完了しました」と出ているのに、これで全部終わった、と思う人がかなり、います。まあ、そう思わない人はサポート要らないんだけどさ。

 さて、ここで問題です。

 セキュリティソフトを新しくするため、旧作を削除したら、「これで終わったんですね」と満足げに言われました。
 そのまま電話を切られそうな勢いです。
 あなたなら、どう返しますか?

ID,PWの入力ミスを「間違っている」と言わなければならないとき。

 IDやPWの「認証エラー」が出たときなど、ですね。
 慣れた人間は「認証エラー=入力ミス」と判断出来ますが、初めてインターネットを使う人や、パソコン自体初めて、パソコン知らない、タブレットしかないよ。という人たちは、その判断ができません。
 てか、普段使う言葉ではないので、教えられない限り「ニンショウエラー? ナニソレ日本語?」になります。
 短気な人だと「専門用語なんか知るか!つかうな!」な状態になるでしょう。

 こまったことに、こういう方は「間違っている」とはっきり伝えると怒る人が多いです。まあ「知らないものを必死に入れてるのに間違っているとはどういうことだ!」という、誤解によるものなんですが。
 え、どこが誤解って?
 つまり、こちらとしては「入れた文字が違う」ということを言っているんですが、相手は
「必死にやっているのに嘘をおしえられた」という誤解とか。
「自分は絶対に入力ミスなどしていないのに間違えたと決めつけるなど、どういう言い草だ」とか。

 まあ、実際に間違っているからこそのエラーメッセージなんで、決めつけではなくて「厳然たる事実」なんですけどね。
 それを認められるような人は、そもそも「認証エラー」と出た時点で、自分がミスったか、少なくとも資料がおかしいか、と気づいてくれます。

 なので、「認証エラーって何、なんのこと?」と返ってきた場合は、要注意です。

 では、そんなとき。
 あなたなら、どんなふうに伝えますか?

免責

<Windows10 アップグレード版>
 メーカー製PCであっても、Win10に対応出来ないと言うことで、メーカー保証がなくなるものがあります。だからといって「メーカー保証がないからサポートしないよ」なんて、誰も納得しません。というか、納得するような人は、サポートセンターを利用しません(--;)
 まして今回のような、WindowsUpDateにまぎれた騙まし討ちアップグレードでは、普段納得する人だって納得しませんよねー。
 ということで、「やらないとは言わないけど、うまくいかないかもしれないよ。ダメだったらパソコンメーカーに相談してもらうよ?」ということを、穏便に伝えておく必要があります。

 この「穏便に」という言葉を、「回りくどく丁寧に繰り返す」という意味にを勘違いしているオペレータの如何に多いことか。聞かされた人が適当に「はいはいはいはいっ」て流したくなる気持ち、よーっく分かります。

 と、いうことで。

・アップグレードしたパソコンに、メーカー保証がないものがある
・そういったパソコンだと、案内はするけど、なんともならないこともあってメーカーに振るかもしれないけど、OK?

 の2点を、あなたなら、どう伝えますか?
 ヒントは、「無理に一つの文章にしなくていいよ。」ですね。

赤の他人が作ったものを「使って頂く」ことは、ない。

 今回は、「謙譲語の間違い」です。
 「使っていただく」、あるいは「お使いいただく」という言葉があります。

 なぜ、赤の他人が作ったものに対して、自分が謙るのでしょうか?(←へりくだる)
 自分が作ったもの、身内が作った何かを「相手に使ってもらう」のなら、もちろん、こちらが下がって当たり前です。

 もう少し分かりやすく言いましょう。
 謙譲語というのは、「相手を上げるのではなく、自分が下がることで、結果的に相手が上になる」言葉です。
 「他人が作ったものよりも自分が下」という状態になったら、自分が作ったもの、自分の身内に対する表現は、どうしましょう?
 更に下げればいい?
 いえいえ、日本語には、謙譲語より下の表現はありませんので不可能です。

 会話の相手に敬意を表したいのであれば、相手を持ち上げるべきですね。

 つまり、「○○を使ってらっしゃるのですね」「○○をお使いなのですね」が正解です。