スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

◆ネットワーク管理 記事一覧

【ゲートウェイ】 [2015/08/16]
【デフォルト ゲートウェイ】 [2015/08/16]
【マルチキャスト(IPv6/IPv4)】 [2015/07/01]
【ルーティング/routing】 [2015/06/15]
【パケット/packet】 [2015/06/15]
【LAN / local Area Network】 [2015/03/04]
【CSMA/CA】 [2014/08/30]
【OFDM】 [2014/08/30]
【スループット】 [2014/07/25]
【ラウンドトリップ 】 round trip [2014/05/31]
【Unnumbered】 [2014/05/08]
【ブリッジモード】 [2013/11/09]
【ネットワークブリッジ】 [2013/05/02]
【ネットワーク】 [2013/05/01]
【VPS】 [2013/03/17]
【テザリング】 [2012/09/14]
【 ping 】 [2012/07/28]
【CSMA/CD】 [2012/07/19]
【Ethernet(イーサネット) または 内蔵Ethernet】 [2012/07/19]
【インターネットゲートウェイ】 [2012/03/11]
【Tunnel adapter ローカル エリア接続】 [2012/02/10]
【NAT】【NAPT】【IPマスカレード】 [2011/12/15]
【ワイヤレス・ゼロ・コンフィグレーション/Wireless Zero Configuration】 [2012/02/10]
【IPマスカレード】または【NAPT】 [2011/12/15]
【APIPA】 Automatic Private IP Addressing [2011/11/18]
【MTU値】 [2011/07/12]
【PPP】 [2010/12/24]

スポンサーサイト

【ゲートウェイ】

【ゲートウェイ/Gateway】
・仕組みが異なるネットワーク間を中継する機器、ソフトウェアなどを指す。

 門と道ではなく、ゲートウェイという単語で、そのまま「出入り口」という意味。

【デフォルト ゲートウェイ】

【Default Gateway】
・ネットワーク内の機器が、別のネットワークと通信する際のデータの出入り口。またはそれを示すIPアドレスのこと。

 小規模ネットワークでは、ルータのIPアドレス=デフォルト・ゲートウェイとされる場合が多い。
 規模が大きくなると専用サーバなどを利用するが、その場合は、サーバのIPアドレス=デフォルトゲートウェイとなることもある。

【マルチキャスト(IPv6/IPv4)】

 ネットワーク内で、複数の相手を指定して同じデータを送信すること。
 複数のあて先を指定した上で、一度だけデータを送信すれば、通信経路上のルータがあて先に応じて自動的にデータを複製してくれるので、回線を圧迫することなく効率よく配信することができる。インターネットで映像配信を行う場合などに使われる送信方法。

<IPv4に於いてのマルチキャスト>
 通常のインターネットはIPv4通信上であることと、マルチキャストがごく普通に使われていることから、設定せずに使えるようにされている。(というか、利用不可に設定できない)

<IPv6においてのマルチキャスト>
 基本的には、有線LANであれば、出荷時設定のままで利用OK。
 無線LAN経由の場合、メーカーによって扱いが違っている。
 バッファローは「ブロードバンド映像放送を使う」に変更が必要。たまに有線環境でも、これを有効にしないと使えないこともある。
 NECは「IPv6マルチキャスト/全て送信する」に変更が必要。新しい機種だと、設定不要(設定出来ない)なものもある。
 そのほかのメーカーは、今のところ、IPv6ブリッジ(Bridge)のON/OFFだけで対応できる。
 

【ルーティング/routing】

【ルーティング/routing】
 最適な経路を選択して、目的の機器までパケット(分割されたデータ)を送り届ける機能。
 LAN内部からインターネットへ、またその逆の場合もルーティングと言う。

 この機能をメインとした機器を【ルーター】という。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。