スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

◇(ひかりTV) IPTVサービス情報の取得に失敗しました。

・ AQUOS TV(ひかりTVチューナ内蔵型)の設定中に、表示されることがあるメッセージ。

 VDSL装置、BBルータ、HGWなど、通信環境に使用されている機器すべてと、TV本体の電源を入れなおしてください。
スポンサーサイト

最新版のダウンロードに失敗しました/B52-03-01 NTT/フレッツ光ネクスト・ライト設定ツール

エラーコード B52-03-01
環境コード227-1-0-12
<パソコンのPPPOEクライアント>
と表示されて、先へ進めない。

<回答チャート>
・無線ルータがある
 YES APモードに切り替えましょう
 NO 或いはAPモードにしてある
 その他 YahooBB(Softbank)の無線ルータがある→設定不要です、中止しましょう。

・APモードにした無線RTがある
 あきらめて手動設定に切り替えましょう。
 APモードでIPv6アドレスが取得できていても、CDの通信だけ通さない現象が発生することがあります。

・NTT機器以外は何もない
 手動設定に切り替えましょう。

・セキュリティソフトが原因になることは滅多にありません。
 CDを通さなくてもインターネット設定は可能です。手動設定も通らない場合は、セキュリティソフトを疑うことになります。
 ただし、ソースネクストのウィルスセキュリティは非常に怪しいです。削除するまで動作停止にならないので、要注意。

 いずれの場合も、セキュリティ対策ツールについてはWEB上からのインストールが通るのでご心配なく。

◇ 「Webサイトで、このプログラムを使ってwebコンテンツを開こうとしています」

◇IE 「Webサイトで、このプログラムを使ってwebコンテンツを開こうとしています」
 「このプログラムは保護モードの外で開かれます。Internet Explorer の保護モードはお使いのコンピュータを保護するのに役立ちます。この Web サイトを信頼していない場合は、このプログラムは開かないでください。」

◆このメッセージは、Internet Explorer が持っていない機能を使おうとするときに表示されます。
 要は、IEにはない機能だけど、Windowsが持っているから流用しよう。ということですね。

 アドオン全般でも表示されることはありますし、どういうことか、MS-IMEも引っかかります。
 IE11より古いものは、フラッシュプレイヤーが起動するときや、フラッシュゲームそのものを独立したウィンドウで開くときに、表示されるかもしれません。
 まあ、八割方は全く問題ないはずです。自分が何をしようとしたか考えれば、たぶんそんなに難しくないはずです。

 IMEが引っかかっているときは「今後表示しない」にチェックを入れないと、延々と出続けます。

 これはWindowsUpDateでも発生するので、記事をトップに持ってきていたら何か起きてるなーと思ってください。

 ということで、追記には画像をピックアップしてみました。

◆Windows Live Mail 2011 同じメールが繰り返し届く

<現象>
 メールソフトを立ち上げるたびに、既に受け取っているメールが何度も届く。
 同じメールが複数ずつ届くだけの場合は、「同じメールが2通、必ず届く」を参照してください。

 これはメールソフトの異常ではありません。
 メールサーバ上に、送受信不可能なメールが存在するために、受信が成功しない=完了しない=やりなおす。という判断がされているものと推測されます。

<対処方法>
 メールソフトを使わずに、原因となるメールを削除する。

 ISPのHPから、WEBメールへログインして確認するのが一番早い方法ですね。残っている中の一番古いメールを削除すればいいはずです。

 WEBメールがないISPなら、サポートセンターへ連絡し、原因と思われるメールを削除するなり、何か手を打っていただくよう相談することになります。

 まあ、TELNETなどを使って該当するメールを自力で削除するっていう手もありますが、私には出来ないのでやり方も載せませんよ?


無線LAN(Wi-Fi)設定時「認証に問題」となり、接続出来ない

可能性1 ルータが疲れている。または安定していない。
 24時間動きっぱなしになる機器です。データのやり取りがうまくいかない場合も出て来るので、ルータの電源を切り、10秒ほど休ませてから電源を入れなおしましょう。

可能性2 電波が混雑している。
 ラジオのノイズがひどい状態と考えてください。従来の電波帯域(2.4Ghz)を利用していると、発生しやすい状況です。
 可能なら、5GHzのSSIDに設定を変えてみましょう。
 この現象の不思議なところは、「すべてのWi-Fi機器が不調になるわけではない」ことですね。誰か研究してないかなー。
 ただし、ルータは5Ghzに対応していても、PC側が対応していないというものも珍しくありません。カタログなどを参照してから判断しましょう。
 あ、タブレットやスマフォで5GHZに対応していないものは、かなり初期のものです。そんなものを利用している人は、5GHZ云々など承知しているはずなので、まあ気にしなくていいでしょう。

可能性3 ルータ機能がOFFになっている、あるいはルータ機能がない機種である。
 ここで言われる「認証」は、ルータからIPアドレスが取得できたかどうか、を指すこともあります。
 ほぼすべての無線ルータに、「現状を判断して適切と思われる設定に自動で切り替える」という機能がありますが、誤判断が非常に多いポカ機能でもあります。
 まずは手動でルータモードを設定し、その状態でIPアドレスの取得まで出来るかを確認しましょう。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。