FC2ブログ







【WCR-300】

 【WCR-300】
・バッファロー製無線ルータ。スマートフォンからも設定できるのが売り。

・ルータモードがデフォルトであり、ブリッジへの切り替えスイッチはない。
 切り替えるには、以下の手順が必要。
1 設定画面(192.168.11.1)へログイン(admin/password)
2 動作モード情報-[動作モード切り替え]へ進む。
3 IPアドレスを変更し、「進む」。
 【WCR-300】
 WCR-300m.png

4 うだうだ表示されるが、右下の「設定」をクリックして完了。

【WZR-1166DHP】

【WZR-1166DHP】
・無線中継機能を持ったルータ。バッファロー製。
 ケーブルの差込口側に、ルータモードの切り替えスイッチがある。

・QRコード対応
 ただし、QRコードで設定する専用アプリがいるので注意。

・ブリッジモード
 1 ケーブルを挿す側の切り替えスイッチを、上段を「AP」、下段を「マニュアル」に合わせる。
  WSR1166DHP-sw.png 下の方にあるON/OFFは、電源ボタンです。
 電源を挿してもランプがまったく光らないようなら、押してみましょう。

・IPv6パススルー

 この機種には「IPV6パススルー」の項目はありません。
 [セキュリティー] から [VPNパススルーフレッツIPv6サービス対応機能] を確認しましょう。
 WSR1166DHP-IPv6.png 
 セキュリティ項目へは、詳細設定から進みます。

・[192.168.11.1] から、「詳細設定」を開く。
 WSR-1166DHP_top.png 

 と、こういう画面が出るので、左の柱から「セキュリティー」へ進みましょう。
 wsr1166dhp_syousai.png

【WZR-300HP】

【WZR-300HP】
・IPV6対応無線RT
 無線経由でIPV6が働かない場合、「ブロードバンド映像サービスの利用設定をする(マニュアルP138)を参照。
ブロードバンド放送視聴時に音とび、コマ落ちを低減する(Movieエンジン機能)

【WHR-G54】(生産終了品)

WHR-G54.jpgWHR-G54】 
・縦長タマゴのような形の無線ルータ。

・VPNパススルーはあるが、IPV6パススルー機能はない。

・ブリッジモード変更
 スイッチがないので、WEB画面へログインし、DHCPをOFFとIPアドレスの変更が必要。

オンラインガイド
 ただしWEB設定画面は、ファーム更新や発売時期などで、かなり違っています。あまり参考にはならないかも。

【WLAE-AG300N 】

WLAE-AG300N
・バッファロー製 中継機能つき無線ルータ。ただし、PPPOE機能はない。
 特筆すべき能力としては、「親機にあたるルータが他社製でも中継可能」であることと、そのために「親機に特殊な機能を要求しない」ことがあげられる。
 逆に言えば、「親機がバッファロー純正で、中継機能用の特殊設定が可能でも、使わなくていい」ということ。
 ただし、付属のペラ紙マニュアルにはその事実が記載されていないので注意。
 インターネットにつながるなら「無線親機を無線LAN中継器として使用する方法(手動接続設定)」を参照。
 CDからマニュアルがインストール出来るなら、「エアステーション設定ガイド」から「マニュアルを読む-無線LAN設定-無線親機を無線LAN中継器として使用する方法」へ進み、「AOSSを使用しない方法」を参照。
 なおこれらの設定の際、「エアステーション設定ツール」があると、非常に便利。クライアントマネージャはいらないが、これはかなり重要。