スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【WLBARGPX】

 コレガ無線LANルータ
 IPv6非対応、ルータモード切り替えスイッチなし
 root/空白が初期値。
 マニュアルか、ここ[公式]を参照。
スポンサーサイト

【CG-WLBAR-GSF】

【CG-WLBAR-GSF】
マニュアルより抜粋。本体に記載はないようなので注意。
WLBARGSF01.png 

 マニュアル(NTT西日本のWEBキャスター)

【CG-WLR300NM】

【CG-WLR300NM】
・コレガ製無線RT。
 特記事項があるわけではないのですが、初期値はこれ。
Corega_NEW.png
 SSIDとMacアドレスが同じで、ネットワークキー(ネットワークセキュリティキー)が初期PINコードと同じです。

 この手の初期値を確認するには、初期設定用のペラ紙を見ると早いですねー。

【CG-WLBARGP】

【CG-WLBARGP】
・コレガの無線ルータ。
・IPアドレスは[192.168.1.1] →これは、NTTのホームゲートウェイと被ります。
・DHCP機能を停止(OFF)するには、設定画面へ入る必要があります。

コレガ 設定画面からDHCPを切る(APモードに設定する)方法】を参照。

・見た目はこんな感じ。
CG-WLBARGP.png 
 

【WLBAR-54GT】

【WLBAR-54GT】
 生産を終了した無線ルータ。Corega製。買い替え推奨。
IPV6パススルー非対応
 →対処方法なし。あきらめてください。

ブリッジモード(アクセスポイントモード)に非対応。
 →DHCPをOFFにした上で、クライアントのIPアドレスを上位ルータに合わせて固定する。
【DHCP機能をOFFにする方法】
1:WLBAR-54GTとPCを、LANで繋ぎます(無線LANでもOK)。
  この際、WLBAR-54GTは、PCとだけ、繋ぎます。上位ルータに繋がないで下さい。
  理由は<ブリッジ設定時、上位ルータをつないではいけない理由>の記事を参照。
2:192.168.1.1からログインしましょう。[ID:root/パスワード:空]

3:LAN(LAN側の設定)を開き、IPアドレスの末尾を変えます(200を推奨)。
  同時に、DHCPサーバーのレ点を外します。

4:保存ボタンをクリック。

5:「ページを表示出来ません」となったら設定変更は成功です。
  念のため、PCのIPアドレスを確認しましょう。
  「自動取得」の状態で[169.254~]、または「自動プライベートアドレス」になっていれば、OKです。

6:PC側で、IPアドレス、DNSサーバアドレスを、上位のルータに合わせて固定します。

7:上位ルータのIPアドレス(デフォルトゲートウェイ)にログイン出来れば、設定完了です。
  インターネットなどの設定は、上位ルータのみに行います。

注1:IPアドレスを固定しない限り、コレガ経由で通信できません。
   DHCPのOFFスイッチがないコレガ機器すべてに該当すると考えられます。OEM版もね。

注2:公式に、この設定方法は案内されていません(噂によると「ブリッジ対応していません」の一言で終わるそうです)。
   まあ、こんな面倒な設定をするよりはバッファローあたりに買い替えたほうがいいと、思いますが・・・。

◆初期化方法(工場出荷時の状態に戻す)◆
1 WLBAR-54GTの電源が入っていない状態で、背面のInit スイッチを押しながら、ACアダプタをコンセントに差し込む。
2 Initスイッチを30秒以上押し続けてからスイッチを離す。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。