FC2ブログ







このサイトのセキュリティ証明書の取り消し情報は、使用出来ません。

seq.png
セキュリティの警告
 このサイトのセキュリティ証明書の取り消し情報は、使用出来ません。続行しますか?

対処方法:とりあえず、「個人レベルではどうにもならない」ので、「はい(Y)」で進んで下さい。
 通常どおりに表示されます。

※新情報※
 UTMが原因で、このメッセージが表示される場合もあるようです。UTM内の証明書が古い、壊れているなどで参照出来ないのだとか。
 「証明書の表示」をして、どこの会社が発行したことになっているか、確認しましょう。
 seqm2.png
 もしそこに「利用しているUTM関連の会社名」があったら、UTM類を迂回(またはバイパス)して確認することがお勧めです。

 それでもだめなら、追記をどうぞ。

Word2016 「ユーザ設定の透かし」がグレーアウトして選択出来ない

1 デザインタブから開く「透かし」の中に、「ユーザ設定の透かし」というメニューがあるのですが、それがグレーアウトして選べない状態になることがあります
 Word2016透かしのグレーアウト01

2 こんなときには、「表示」タブへ移動して、「印刷レイアウト」を指定してみましょう。
 Word2016透かしのグレーアウト02

筆ぐるめ 宛名面(表面)の差出人サイズを変える方法

A 可能です。

1 宛名面/表面画面を出しておく。

2 「用紙」タブを開き、使いたい配置の用紙を選択する。

3 プレビュー画面上部にある「位置補正」をクリックする。

4 固定が外れてドラッグできるようになるので、枠の大きさを変更し、好みのサイズに合わせる。
※ ただし、上部へ伸ばすことはお勧めしません。年賀状は消印部分が印刷されているので、通常のインクジェットだとインクが弾かれます。顔料、染料とも無理です。
 リボン印刷式なら大丈夫かもしれませんが、消印にかぶる、というのは、見た目もあまり、よろしくないかと?

5 調整した用紙は、必ず保存してください。

筆王 宛名面レイアウトの種類と選択

・「表面」-ファイル-新規作成 「新規策ウィザード レイアウトの種類を選択してください」
 筆王V20_宛名の種類選択

ドキュメントフォルダの中にはあるのに、「ワード-開く」だと出てこないファイルの対処方法。

チェック1 Wordから開いたフォルダは、本当にそのフォルダを見ていますか?
→けっこう違うフォルダを見ています。


チェック2 そのフォルダは「ドキュメントライブラリ」ではありませんか?
→ドキュメントライブラリは”目録”です。フォルダの目録をのぞき見ているだけなので、目録が更新されていなかったら、出てきません。
 ふつうは更新されるんですけどね? ま、マイクロソフトだし。
 とりあえず、IEのキャッシュクリアを試してみましょう。たぶん、無意味ですが。

 さて、両方がYESなら、ワードの作業フォルダを変更します。

1.オプションメニューの「保存」から、”ファイルを自動保存する場所”を探します。
※このとき、『これから変更しようとする場所が指定されている』ことがありますが、それでもやってください。

2.Cドライブから、ユーザーフォルダへ。その中の「マイドキュメント」を指定します。
 これでOK。

※マイクロソフトは「ライブラリシステム大好きっ子」です。
 他のMS製品でも、同様の症状があれば試して損はありません。
 ライブラリシステム導入以後、デフォルトでその”目録”を利用するように、マイクロソフトが仕組んでいます。
 なので、この方法を覚えておくと便利かもしれません。