スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<T568A><T568B>

<TIA/EIA-568-A><TIA/EIA-568-B>
 いずれも、ANSIで定められた、ケーブル終端の配線規格。
 T568Aが標準(A配線)、T568Bはオプション(B配線)とされているが、配線による性能差はなく、導線の並び順が違うのみ。
 この規格を採用したケーブルが、いわゆる「LANケーブル」とよばれるもので、2種類が存在する。
TIA/EIA-568-A
TIA/EIA-568-B
TIA_EIA-568-A.pngTIA_EIA-568-B.png
橙と緑の配線が入れ替わっています。
 ↑本物のLANケーブルの配線も、同じ色ですよ。

・「両端とも同じ規格」を採用したケーブル=ストレート・スルー・ケーブル(通称ストレートケーブル)
T568AT568B
 一般には、Bのほうが作りやすいらしく、市販品はほぼ、この配線だそうです。
 作るの!?って話ですが・・・機材が高くて、材料は安いんだよねー。

・「両端にそれぞれ違う規格」を採用したケーブル=クロス・オーバー・ケーブル(通称クロスケーブル)
cross_100base_20160814205739e88.png 
となる。
 種類による利用方法の違いは、◇クロスケーブルとストレートケーブルの違いを参照。
スポンサーサイト
[ 2016/08/14 23:21 ] 情報処理関連試験用。 | TB(0) | CM(0)

【メタルケーブル】

【メタルケーブル】 metal cable
・メタリックケーブル / metallic cable とも。

・通信回線や電力供給に使われるケーブルで、金属製の線芯にシース(保護外皮膜)を施したものを指し、線芯は複数が束ねられることが多い。
 この芯線を電気が流れ、通信データは電気信号として流れていく仕組みになっている。
 シースと線芯の間にシールドを施し、ノイズ軽減を狙うタイプもある。
 ちなみに線芯(線心)とは、導体(導線)に絶縁を施した、絶縁電線を指す。

<内部構造による分類>
・平衡ケーブル
 接地(アース)を必要としない形式で、LANケーブルや音響用ケーブルが該当する。
 平衡をとるためには対の線芯が必要であり、断面は必ず一対になる。

・不平衡ケーブル
 接地(アース)を必要とする形式で、同軸ケーブル(TVなど)が該当する。
 平衡をとる必要がないため、ケーブルは1本でよく、断面は円形になる。
[ 2016/08/14 00:07 ] 情報処理関連試験用。 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。