FC2ブログ







【エアナビゲータライト】

【エアナビゲータライト】 
・バッファロー製ルータの添付CDに収録されている設定ツール。CDがない場合は、公式からDL可能。
 バッファロー製子機ドライバーのインストール、クライアントマネージャのインストール、Airstation設定ツールがインストールできます。

【AOSS】

【AOSS/AirStation One-Touch Secure System】
・バッファロー独自規格で、「無線のセキュリティキーをRTが生成、AOSS対応機種へ送信し、登録を自動ですませる」機能。
 現在は、MacOS対応のAOSS設定ツール、スマートフォン(アンドロイドOS)対応の設定ツール(アンドロイドマーケットより入手可能)に存在する。
 通常は、ルータ本体のAOSSスイッチ(セキュリティスイッチ)と、PC側クライアントマネージャのAOSS設定を組み合わせて使う。本体スイッチの代わりに、設定画面にあるAOSSボタンをクリックしてもいい。なお、この際にルータと機器の間が1M以上離れると確実に失敗するので注意。

・自分でデフォルトではないSSID、PWなどを設定した状態でAOSSを使うと、それに加えてAOSS用のSSIDが追加される場合がある。
 中継器を追加しようとした際に遭遇。
 PC側で検出するし、今までのPWで接続もできるのに、ルータでは設定できないという不思議な状態に。
 対処方法は不明、三日ほど悩んだ挙句に初期化しました。

・Nintendo DS、PlayStationPortableにもAOSSが搭載されている。

・生成される暗号化キーは40桁
 AOSS非対応機種であっても、ルータの設定画面を見ることが出来れば手入力で設定可能。

・クライアントマネージャ3、クライアントマネージャVが使えるPCであれば、内蔵無線でもAOSS利用可能。
 はるか昔のクライアントマネージャ2(・・・Windows98とか、2000とか?)のころは、バッファロー製の子機以外では使えない機能だったんですが、XPのSP2以後、内蔵無線であればメーカー問わずに利用可能となっています。

 個人的には失敗するもの、今までの環境を崩すものという感じで推奨しません。

 こんな記事発見。

 なお、スマートフォンに対してAOSSの暗号キー40桁を手入力したのは、管理人です。
 シャープの005SH、AOSS対応機種なんですが十回やって失敗した時点であきらめました。

 あ、追記の記事は古いです。参考程度にね。