FC2ブログ







筆ぐるめ 名刺作成の手順

<公式手順のまとめ>
1 基本は、住所録の差出人データを使います。

2 差し込み印刷扱いとなり、住所録上での修正が反映されるため、レイアウト画面での文字修正はできません。

3 レイアウト枠の削除・移動は可能です。

4 文章差し込み・移動も可能です。

5 イラスト挿入・移動も可能です。

6 印刷画面に移動すると、上記で作成したものを自動で並べてくれます。
スポンサーサイト

筆ぐるめ Jアドレス形式/CSV/ContactXML形式で保存する

・変換したい住所録を開いた状態で「保存」を選択し、「別形式保存」を開く。
 Jアドレス形式にチェックを入れて、OKする。

 分かりにくければ、下記を参考に。
[筆ぐるめ 20〜22] CSV形式で住所録を保存する方法を教えてください。

<筆ぐるめ 封筒などの差出人を印刷する>

1 住所録を選ぶ。
 差出人が登録してあれば、通常のものでも、差出人用の専用のものでもOK。

2 用紙設定から、封筒サイズなどを選ぶ。
 文字配置などの修正は、「位置補正」を使います。また補正した場合は、必ず「保存」をしないと、画面が移動出来ません。

3 印刷へ移動し、枚数などを指定して印刷開始。

<注>
 この状態から本来のあて名印刷を行う際は、一度裏面へ移動し、表面へ戻ってください。画面のプレビューが切り替わり、通常の宛名が表示されるようになります。

筆ぐるめ 往復ハガキを作る手順。

・筆ぐるめでの往復はがき作成は、少々ややこしい手順を踏みます。
 手順を無視すると印刷出来ないので注意しましょう。

0 住所録を2つ、作っておきます。
  一つは宛先用に普通の住所録。もう一つは返信住所だけを記載した住所録です。

1 往信の絵柄面(本文)を作成し、保存する。
  この時に「はがき(縦)」を選びます。ここで往復はがきにすると、失敗するよ。

2 返信の絵柄面(本文)を作成し、保存する。
  これも同じく、「はがき(縦)」を選びます。まだ往復はがきにしてはいけませんよ。

3 返信の本文と、往信の宛先を表示する。
  返信本文(裏)を呼び出して、プレビュー画面に表示されることを確認します。
  次に、宛先用の住所録を開きましょう。(先に開いてあればそのまま利用可)
  その後で、「用紙」から、「往復はがき」のレイアウトを選び、プレビュー画面に表示されればOKです。
   フォントなどを変更する場合は、ここで変更しましょう。

4 「印刷・メール」から、用紙サイズ「往復ハガキ」を指定して、往信面を印刷する。

5 往信の本文と、返信の宛先を表示する。
  往信の本文(裏・レイアウト)を呼び出して、プレビュー画面に表示されることを確認します。
  次に、返信用の宛先だけを入れた住所録を開きます。(作ったよね?)
  その後で、「用紙」から、「往復はがき」のレイアウトを選び、プレビュー画面に表示されればOKです。
  ここで、敬称を「行」に変えておくことをお忘れなく。
  フォントなどを変更する場合は、ここで変更しましょう。

6 「印刷・メール」から、用紙サイズ「往復ハガキ」を指定して、往信面を印刷する。
  宛先は一か所なので、印刷部数を指定すれば、まとめて印刷可能です。

【参考】筆ぐるめ 住所録のバックアップ(CSV形式)【資料】

※モデルは 筆ぐるめVer14 です。

1 バックアップしたい住所録をクリックし、選択状態にする。

2 「保存」の横にある▲をクリックし、「別形式保存」を選ぶ。
 Fgurume_BUP01.png

3 「CSV形式」を指定し、名前を付けて保存する。
 Fgurume_BUP02.png