FC2ブログ







◇WEBサイト構築と運用

【IDS】
 Intrusion Detection System
 ネットワーク上を流れるパケットを分析し、不正アクセスの兆候を検知するシステム。
 インとリュージョンは「押しつけ、侵入、でしゃばり」などの意味を持つ英単語。
 ディテクションは、看破、探知、検出など。

 ファイアウォールは許可されたアクセスのみを通信させるが、その中に不正アクセスが含まれている場合もあるため、その対処として導入される。

・不正検出
 シグネクチャ(アクセス手順)同士をつき合わせて、不正アクセスそのものを検出する方式。

・異常検出
 通常とは異なる振る舞いをしているアクセスを検出し、不正アクセスの可能性を検出する方式。
 過去のアクセス統計と比較して判断するため、道の不正アクセスも検出可能。

【TCP/IP】

[Transmission Control Protocol/Internet Protocol ]
・ネットワーク通信の世界に於いて、事実上の標準となっている通信規約。
ネットワークに参加する機器の住所付けや、通信経路の選定を定義するIPと、それを前提でデータをやり取りするその他のプロトコル群から成る。
 性質はコネクションレス型(相手先の通信状態を確認しない方式)であり、確実にデータが届く保証としてTCPを併用する必要があることから、「TCP/IP」と名付けられたらしい。
 TCP以外にも使用されるプロトコル群があることから、近年では「インターネット・プロトコル・スイート」という表現を定着させようとしている輩もあるとか。


・TCP/IPの構成
 アプリケーション層:HTTP,FTP(WEBアプリケーション)
 トランスポート層:TCP、UDP(データ転送)
 インターネット層:
 ネットワークインターフェース層:
の4つで構成される。

 また、階層モデルの特長として、「上位の層で実装されるサービスは、下位層の実現手段に対応する必要はない」ことがあげられる。

 

◇ユニバーサルデザインの七つの原則

1 誰でも公平に利用出来ること
2 利用する上での自由度が高いこと
3 使い方が単純で直感的であること
4 必要な情報がすぐに理解できること
5 ミスに寛大であり、危険につながらないこと
6 無理を必要とせず、楽に使えること
7 使用しやすい空間と大きさを確保すること。

 覚えやすく言い換えるなら、
 公平、自由、簡単、見ればわかる、失敗しても危なくない、無理せずに使える、使いやすいサイズと場所。
 ちょっと長いが、これを暗誦できればいいんぢゃないかと。
 金額は関係ないからね。

【FTP】

 File Transfer Protocol
 ファイル転送規約。WEB上にあるサーバーへファイルを送る、ダウンロードする、というときに利用される。
   もっとも古くからあるプロトコルのためセキュリティ概念が低く、危険とされることも。

 FTPサーバーとは、ファイルの転送を管理するサーバー。
 危険性は、このサーバに対しての保護をきっちりすることで下げることが出来る。

【ASCIIコード】

 アスキーコード、またはアスキー文字とも言う、半角英数字+記号その他の合計128文字のこと。
 7bitで128文字が格納される。
 American Standard Code for Infomation Interchange:米国標準文字コード表
 ちょっと時間がないので簡略図、暇見つけて訂正します。
 半角文字の中でも、アルファベットの大小と記号だけであれば、この表のとおり、128文字もいりません。
 94文字が表示される文字(黒字)、残る部分は空白(SP)と制御記号です。
NULSOHSTX略略略略略略略略略略略略略
DLEDC1DC2略略略略略略略略略略略略
SP!"#$%&'()*+,-./
0123456789:;<=>?
@ABCDEFGHIJKLMNO
PQRSTUVWXYZ[]^_
abcdefghijklmno
pqrstuvwxyz{|}~DEL

ABCDEF
 あ、●のところは文字の上につくダッシュみたいなやつです。・・発音記号とかで使うやつ。

【半角カナ】
 一言で半角カナというが、ワープロ世代には「半角ひらがな」も利用経験があるので、出来れば半角カタカナと言ってほしい。
 JIS(Japan Industory Standard:日本工業規格)で定められたJISコードに存在する文字。
 Webの掲示板、SNS、メールサーバーなどでは、文字化けを起こしやすいので使用を避けるべきとされる文字。てか、日本国内でしか使われません。読みづらいので印刷物にも使うのはやめてほしいです。
 文字化けを起こす理由はいずれまた。

【JIS漢字コード】
 日本語用の漢字コード。よく使われる文字と教育用漢字を主体に、第3水準まで制定されている。台湾などで制定された漢字コードと区別するため。日本語JISと呼ぶらしい。

【shift-JIS】
 マイクロソフト社によって開発された日本語の文字コード。
 文字をみれば「半角・全角」がわかるなどの利点から、MacOSにも採用され、パソコンの標準文字コードとして広まった。

【うにこーど】
 Unicode。世界中の文字を単一の文字コードで扱えるように開発された文字コード。

【EUC-JP】
 UNIX上で日本語を扱うために開発された文字コード。
 メール、WEBページのエンコードリストにあるよ。