FC2ブログ







【ONU】Optical Network Unit

【ONU】Optical Network Unit
・光回線の加入者側に設置される機器で、光信号とIP信号の相互変換を担当する。
→業者側には、対になる装置として[SLT]、[OLT]が設置されます。

・通信自体は、上り・下りとも同じ線を使う1芯式(別名・ピンポン式)が採用されている。
→上り・下りで別の線を使う回線は、Bフレッツビジネスタイプで採用されてます。ONUではなく、[DSU]が設置されますね。 

・回線認証機能を有しているため、勝手に繋いでも光回線に繋がるわけではない。
→[AUTH]、[認証]のランプがそれですょ。

・PPPoE認証機能はないため、「ONUが正常に稼働していても、インターネットに繋がらない」ことは十分にあり得る。


・いくつかの種類があり、頭文字で見分けることが出来るようになっている。

→まあ、この辺りは工事や修理を請け負う部署でしか使わないんですけどね。「光回線終端装置」なんていう大仰な呼び名もありますが、実際にその名称使う人は滅多にいないんじゃないでしょうか。


・GE-ONU
 GE-PON<>A GE-PON-ONU<1>2、GE-PON-ONUタイプD<1>2
 GigabitEthernetの頭文字を取ったもので、1GBps対応という意味を持つ。
 光プレミアム回線などにはこれが設置されているため、ネクスト回線への切り替えに大掛かりな工事を必要としない。

・GV-ONU
 Gigabit Ethernet&Videoの頭文字をとったもので、ギガビット・イーサネット対応のONUに、映像機能が追加されたもの。
 光ネクストの初期工事で、フレッツTVを契約すると設置される。
 なお、フレッツTVを解約するとこれは回収されて、GE-ONUが設置されることになる。
→GV-ONU内蔵のHGWが存在するんですが、映像契約を解約すると、回収されて別の機器になります。型番からは見分けがつかないんですよねー。

・V-ONU(映像用回線終端装置)
 映像専用の終端装置なので、単体で設置されることはない。
 GE-ONUが設置されているところへ、フレッツTVなどを後から契約すると追加で設置される。
 ケーブルTVなどでも使用されるらしい。
 これはあくまで「光ファイバーを通って届く信号を、映像用に変換する装置」であり、インターネットに繋がっているかどうかは無関係。その光ファイバーが「インターネットを通ったわけではない」ので注意。

・B-ONU
 100Gbps対応のONU。初期の光回線で使われていた装置。
 ストレートケーブル・クロスケーブルの切り替えスイッチがあるタイプもある。

・このほか、Yahoo!BB光(Softbank)用のONUや、ひかりoneホーム、(au)用のONUなどもあるらしい。

IEEE(無線LAN規格)  記事一覧

【IEEE 802.11i 】 [2014/08/31]

【IEEE 802.11(2.4GHz帯)】 [2014/08/31]

【IEEE 802.11b (2.4GHz帯)】 [2014/08/31]

【IEEE802.11ac】または【IEEE802.11ac/Draft】 [2014/08/31]

【IEEE】 [2014/08/31]

【Bluetooth】 [2014/01/07]

【IEEE802.11af】 [2012/10/19]

修正中【IEEE 802.11,a/b/g/n/j/vnt)】 [2011/10/27]

◆ネットワーク管理 記事一覧

【ゲートウェイ】 [2015/08/16]
【デフォルト ゲートウェイ】 [2015/08/16]
【マルチキャスト(IPv6/IPv4)】 [2015/07/01]
【ルーティング/routing】 [2015/06/15]
【パケット/packet】 [2015/06/15]
【LAN / local Area Network】 [2015/03/04]
【CSMA/CA】 [2014/08/30]
【OFDM】 [2014/08/30]
【スループット】 [2014/07/25]
【ラウンドトリップ 】 round trip [2014/05/31]
【Unnumbered】 [2014/05/08]
【ブリッジモード】 [2013/11/09]
【ネットワークブリッジ】 [2013/05/02]
【ネットワーク】 [2013/05/01]
【VPS】 [2013/03/17]
【テザリング】 [2012/09/14]
【 ping 】 [2012/07/28]
【CSMA/CD】 [2012/07/19]
【Ethernet(イーサネット) または 内蔵Ethernet】 [2012/07/19]
【インターネットゲートウェイ】 [2012/03/11]
【Tunnel adapter ローカル エリア接続】 [2012/02/10]
【NAT】【NAPT】【IPマスカレード】 [2011/12/15]
【ワイヤレス・ゼロ・コンフィグレーション/Wireless Zero Configuration】 [2012/02/10]
【IPマスカレード】または【NAPT】 [2011/12/15]
【APIPA】 Automatic Private IP Addressing [2011/11/18]
【MTU値】 [2011/07/12]
【PPP】 [2010/12/24]

「仕組み・機能」の記事一覧

【ホットスワップ】 [2015/08/25]
【ホットプラグ】 [2015/08/25]
【インターフェース】 [2014/05/27]
【クロスケーブル】【ストレートケーブル】 [2014/02/15]
【ツイスト ペア ケーブル】とそのカテゴリー [2014/02/15]
【プラグ&プレイ】 [2012/09/18]
【HDMI】 [2012/04/12]
【ソフトウェアルータ】と【ソフトウェアAP】 [2012/02/28]
【Wireless Zero Configuration】 [2012/02/02]

【メディアコンバータ】

【メディアコンバータ / media converter】
1 信号の伝送を行う際に、種類の異なる媒体を組み合わせて使うための機器。信号を相互変換する用途で用いられる。
 その中でも、メタルケーブルと光ケーブルを接続する装置は「光メディアコンバータ」と呼ばれることが多い。
 これは、電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換することで、メタルケーブルと光ケーブルを跨いだ信号伝送を可能にしている。

2 アナログデータをデジタルデータに変換した上で転送する装置。

3 規格の異なる記憶装置間でデータを転送する装置。