FC2ブログ







IPアドレスを自動取得にする[Windows8/8.1]

Win8_automaticIP02.png
Win8_automaticIP01.png
スポンサーサイト

・IPアドレスの自動取得/固定を切り替える[Windows7、8、8.1共通]

0 ネットワーク接続のアイコンを表示する[ネットワークアイコンの表示方法(Windows7、8、8.1共通)]
 Win7_IP-05m.png


1 アイコンを右クリックし、プロパティを開く。
   Win7_nicProperty00.png 


2 「インターネット プロトコル バージョン4」をWクリック。
   もしくは色を反転させて、「プロパティ(R)」。 

 Win7_IP-10.png 

3 「IPアドレスを自動的に取得する」と、「DNSサーバを自動的に取得する」にチェックがあれば、自動取得。
  次のIPアドレスを使う」にチェックがあり、数字が入っていれば、固定された状態です。

 Win7_IP-11.png 

<おまけ>
 
DNSサーバだけを固定にすることも出来ますが、効果は微妙です。 
 というか、なぜかけっこう、DNSだけ固定されていて、非常に困ることが。 
◆どうしても固定したい、という方は「優先DNSはローカルルータ、代替DNSをグローバルDNS」にしておくと、まあ何とかなります。 

IPアドレスを自動取得にして、DNSを固定する方法。

DHCPが自動取得でも、DNSサーバだけ固定しておくということが出来ちゃうんですよっ。
 IPアドレスの固定 の応用になりますので簡単に図解だけ。
 DNS_kotei.png 
 IPアドレスだけを自動取得に出来ます。
 たとえばここに、「192.168.0.1」、「8.8.8.8」と入れて、詳細画面を開きなおすと。

 わかるかな? 微妙におかしなことになっています。
DNS_kotei2.png 
 DHCPは有効なのに、DNSサーバの値がずれているのがわかりますか?
 こうなると、サイト表示はほぼ、不可能です。
 これが意外と起きていて、慣れた人ほど見落としやすいポイントですねー。

 ・・・まあ、DNSに8.8.8.8(Google)が入ってるのは、別に問題ないんですが。たぶん。Googleが消滅しないかぎり。・・・いや、メンテナンスがありえるか・・・?

 DNSサーバとその役割については「DNS」「DNSの仕組み」 を参照してね。
 

ネットワークアイコンの表示方法(Windows7、8、8.1共通)

1 スタートパール(左下の丸いマーク)から、コントロールパネルを開く。
 Win7_IP-01m.png

2 ネットワークとインターネットを開く。
 Win7_IP-02m.png

3 ネットワークと共有センターを開く。
 Win7_IP-03m.png

4 アダプターの設定の変更を開く。
 Win7_IP-04m.png

5 これがネットワークアイコンです。
  無線LANの場合はワイヤレスネットワーク接続ね。
 Win7_IP-05m.png
 ワイヤレスネットワークには、2、3、ブルートゥースとかついているものがありますが、間違えないよう注意しましょう。

XP IPアドレス自動取得設定の確認方法

1 スタートからコントロールパネル。
 XP_IPaddress01m.png

2 コントロールパネルから「ネットワークとインターネット接続」へ。
 XP_IPaddress02.png
 この項目がない場合は、手順3を飛ばします。そのまま手順4へ。

3 ネットワーク接続をクリック。
 XP_IPaddress03.png

4 ローカルエリア接続のWクリック。無線LANの設定状態を見るなら「ワイヤレスネットワーク接続」を。
 XP_IPaddress04m.png
 ただし、そのアイコンに「×」がついていると、手順5を飛ばした状態になりますので、手順6へ。

5 「ローカルエリア接続の状態」と出たら、プロパティをクリック。
 XP_IPaddress05.png

6 通常は「インターネットプロトコル(TCP/IP)」をWクリック。
 XP_IPaddress06.png
 まあ丁寧な人は、「インターネットプロトコル」をクリック、反転させた上で「プロパティ」をクリックするようですが。

7 「IPアドレスを自動的に取得する(O)」にチェックが入っていれば、自動取得の状態です。
  「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する(B)」も、チェックを外して置くのが一般的です。
 XP_IPaddress07.png