FC2ブログ







【Post Script font】

【PostScript font】
 Adobeシステムズが開発した、アウトラインフォント。
 「PSプリンター」と呼ばれる、Macintoshの標準プリンターに実装されている。
 Microsoft Windowsでも利用されることがあるが、アドビシステムズへのライセンス料が高額なためか、価格が数十万~百万円以上と一般のレーザープリンターに比べ高価で、専らDTP用途に限られている。

・ソフトウェアによる実装では、アドビシステムズからライセンスを受けたラスターイメージプロセッサ(RIP)が、エプソンなどいくつかのメーカーから自社製プリンターのために販売されていたが、PSプリンターの価格低下もあり、あまり普及していない。
 互換フリーソフトとして Ghost script がある。

 拡大しても滑らかな線は演算によって表示され、その演算は[Post Script]と名付けられたプログラミング言語によって行われる。

・Post Script言語を使うことにより、グリフ(glyph/文字イメージ)は 3次ベジェ曲線で表現される。3次ペジェ曲線は計算で導きだされるため、拡大するにはその計算結果をさらに計算しなおせばよい。
 結果として、PostScript対応のプリンタで、滑らかな曲線が印刷されることになる。


【PostScript Type 1 または Type1 font
・アウトライン情報のみを格納するよう効率的にPSシステムを単純化したもの。
 1バイト言語用で、256文字を格納することが出来る。半角文字のためのフォントなので、平仮名や漢字は収められない。

【Type0 font】
 複数の子孫フォントを参照する高レベルフォントからなる「合成フォント」。
 ・・・よくわからん。ほかにもType2 fontType42 fontとかあるらしい。

【等幅フォントとプロポーショナルフォント】

【等幅フォント】
 文字幅が全て統一されているフォント。顔文字などはこれで作らないとズレる。
 文字並びは、微妙に不自然な空間が空く感じになる。
 ソフトウェアによっては文字幅を自動調整するため、まったく同じには見えないこともある。
等幅フォント
 なお、アルファベットは半角、ひらがな、漢字は全角なので二つ分の枠を使ってあります。です。

【プロポーショナルフォント】
 文字幅が、文字ごとに違うフォント。これで顔文字を作るとズレる。
 文字幅が自然で、特に横書きの文章として見たときには読みやすい。
ProportionalFont.png

【Open Type Font】

【Open Type Font】
 スケーラブルフォントの次世代フォント。
 アドビシステムズとマイクロソフトが共同で設計、アップルコンピュータがそれに賛同する形で開発されたため、Windows、Macintoshで表示の違いが出ない。
 また、今までより多くの次数がサポート出来るようになっていて、次世代フォントとして期待が寄せられている。

 OpenType はマイクロソフトの登録商標であり、OpenType のロゴはアドビシステムズの登録商標である、らしい。

【Bit Map Font】-ビットマップフォント-

【Bit Map Font】
・点の集合体で作られたフォント。 別名を「ドットフォント」とも言う。
 一文字あたりのデータ量が少なくて済むため、ファミコンの文字、PCの基礎画面の文字は、BITMAPで作られている。
 BIT=点、MAP=敷き詰める、という意味。作ろうと思えば漢字や絵文字も出来る。

・点の集合体なので、拡大した場合は変形せず、荒い(というかそのまま大きくなるので、文字のフチがギザギザな感じになる)。なので、印刷には向いていない。
 そのため、「スクリーンフォント(画面用フォント)」と呼ばれることもある。

【TrueType FONT】

【TrueType FONT】 トゥルータイプフォント
 輪郭線の境界を曖昧にすることで、拡大しても滑らかな線を保つように作られたフォント。別名を「スケーラブルフォント」ともいうらしい。
 この線は演算結果を元に描かれていて、こんな感じに、グラデーションが掛かっている。
 トゥルータイプフォント
・Apple社によって開発された規格であり、現在では Mac OS、WindowsOS などで、標準的に使用されている。

・トゥルータイプフォントとは「拡大しても滑らかな線を保つフォントの総称」であり、特徴によって何種類かに分けられる。
 <アウトラインフォント>
 ワードアートなどで、「白抜き文字」を作ることが出来るフォント。

 字の輪郭(=アウトライン)を基礎としているので、輪郭線と内部の色を変えることが出来る。
 内部を白く塗りつぶすと、白抜き文字になる。
 正確には「白塗り文字」だと思うんだけどなー。
アウトラインフォント
 <ストロークフォント>
 ワードアートなどで、「白抜き文字」にならないフォント。

 中心となる一本の線(=ストローク)を基礎としているので、輪郭線との区別がない。
 そのため、輪郭線を残す必要のある白抜き文字を作ることは出来ない。
font_sironuki2.png