FC2ブログ







◆PWR-N1000 有線LANだけで設定する方法

 無茶振りもいいとこですが、可能です。
 めっちゃくちゃめんどくさいですが、出来ます。
 ただし、「有線口は一か所しかないので、HUBをつけても有線RTには出来ません」
 無線機器があるなら、Wi-FIを繋いでそれから設定したほうが建設的です。
 借りてきたPCに有線しかないとか、そういうときくらいしかメリットがないです。接続確認ができないので、メリットですらないですけど。

1 充電済みPWR-N1000を、電源を切った状態でクレイドルに嵌めます。

2 クレイドルのスイッチを「インターネット」に合わせます。

3 クレイドルのLAN口に、PCからのLANケーブルをつなぎます。
  LANケーブルを繋いだら、PWR-N1000に電源を入れましょう。

4 有線LANのIPアドレスに192.168.11.X/1を確認します。
  出来なかったら5分待機。それでもだめならPWR-N1000の電源を入れなおす(ボタンは長押しね)。

5 192.168.11.1へブラウザからログインする。PWはマニュアル参照。
  ログインの際、「WAN側接続が確認できない~」と警告が出ますが、当たり前なので無視。

6 ログインした後は「◇PWR-N1000 PPPoE接続設定」を参照し、ISPのID,PWを登録。
 ※LTE/3G設定の場合は、【参考】PWR-N1000 LTE/3Gの設定画面【資料】を参照してください。
  ないと思うけどな!?

7 設定したら、PCへつないであるLANケーブルを外し、PWR-N1000の電源を切ります。

8 電源を切った状態で、クレイドルのスイッチを「インターネット」に切り替えます。

9 LANケーブルの差し込み口は一か所しかないので、有線PCのみの場合は確認もできません。
  これでおしまいです。

【参考】PWR-N1000 LTE/3Gの設定画面【資料】

・PWR-N1000の3G/LTE(モバイル利用)の設定画面。
 PWR-N1000-LTE3G.png
 参考程度に。

PWR-N1000 PPPoE接続の設定手順。たぶん一番かんたん。

1 本体からSSID、PWを調べて、無線を設定する。

2 充電した本体だけの状態で、設定画面へログインする。
  つまり、クレードルに嵌めずにログインをする、ということ。

3 クレードルを嵌めた時の動作モードを「PPPoEルータモード」に変更する。

4 ここでクレードルに嵌め、LANケーブルをつなぐ。

5 接続用ID、PWを入力。

6 接続成功するまでID,PWの修正を繰り返す。
 



 まあ、無線LANが使えることが前提ですけどねー。

【PWR-N1000】

【PWR-N1000】
・NTTのモバイルルータ。光ネクスト契約者へのレンタル専用品。

・別契約のUSIMを挿すことで、LTE/3Gモバイルルータとなる。
→NTTではUSIMを出せないので、モバイルキャリアやモバイルISP契約は別途必要。SIMフリーなので、どこでもOK。

・付属品のクレイドルと組み合わせれば、固定回線用の無線ルータ/アクセスポイントとして利用可能。

・バッファローにそっくりな機器があるせいか、設定画面は「192.168.11.1」で開く。
 が、設定画面はNEC製ルータの設定画面に近い。…謎。

・バッテリー式なので、持ち歩き用のモバイルルータとしても利用可能(ふつうはそれがメイン)
 実はこのモバイルルータを、スマートフォン用の充電池にすることもできる。

・携帯キャリアの公衆無線LANサービスや、モバイルネットワークを契約&接続すれば、外出先で使えるモバイルルータになる。
 SIMフリーなので、どこのキャリアでもOK。
 →モバイル契約者が一人いれば、PWR-N1000を通して複数人の同時利用が可能。速度は推して知るべし。

<LTE/3G通信>
 モバイル通信会社と契約することで利用可能。貸与されるSIMカードと、発行されるID,PWを登録する。
→契約によっては、内部設定で「3Gのみ」などに設定しないと、通信料が追加される可能性も。

<公衆無線LAN>
 NTTのフレッツスポットを利用する:NTTとのフレッツスポット契約が必要。WEB認証方式のため、接続ID、PWは不要。
 NTT以外の公衆無線LANサービスを使う:当該サービスの設定方法を参照。最近はWEB認証方式が主流ではある。

<注意>
 クレイドルに嵌めた場合は、「アクセスポイントモード」での起動がデフォルト設定。
 LTEやモバイルネットワークの設定をしたい場合はクレイドルから外す必要があるので、電池切れに注意。
 通常は自動でモードが切り替わるが絶対ではないので、電源を入れなおすと確実。

<設定方法> 
 PWR-N1000 PPPoE接続設定を参照。

◇PWR-N1000 ルータとして使用する場合の設定方法とコツ

1 ルータモードを利用する場合は、クレイドルから外して起動する。

2 N1000~のSSIDに接続する。
  [192.168.11.xx]が取れたら接続OK。

3 192.168.11.1へログインする。
  ユーザ名は[admin]、PWは自分で設定

4 後は「PWR-N1000 PPPoE接続設定画面(初期)」を参照。

 詳細はリンク先にもありますが、クレイドルのスイッチを間違えないよう注意しましょう。

◇PWR-N1000 PPPoE接続設定

・PWR-N1000を、固定回線用の無線ルータ(PPPoeルータ)として使用する場合の設定方法です。
 無線LANでの利用しか出来ない作りなので、注意してください。
<注意>
 コンセプトがモバイルルータ(=持ち歩けるWi-FIルータ)なので、無線LANなしでの利用は、念頭に置かれていません。
 有線パソコンだけでルータとして使うことは、不可能です。
 設定時だけ有線、ということでしたら、「PWR-N1000 有線LANだけで設定する方法」を参照し、やるかどうかは自分で決めて下さい。

0 設定に使う機器を、Wi-Fiで接続しておきます。

1 クレイドルのスイッチは、「インターネット」に合わせます。LANケーブルは、ONU/VDSLに繋ぎましょう。
→インターネットの接続設定をするから、ね。
 PWR-N1000_cradle.png


2 PWR-N1000をクレイドルに嵌めて、電源をON。
  繋いだ機器側で、[192.168.11.XX]が取得出来れば準備OKです。
 169.254xxx.xxxのままであれば、PWR-N1000をいったんクレイドルから外し、電源を切ります。10秒以上待って電源を入れなおし、クレイドルに嵌め直してから、PCを再起動しましょう。

3 ブラウザから「192.168.11.1」へログインしましょう。ログイン用のPWは自分で設定してね。

4 左上の「基本設定」をクリック。
 PWR1000-pppoe01.png


5 さらに「基本設定」をクリックすると、右側の画面が出ます。
  デフォルトでは「無線LANアクセスポイントモード」となっているので、これを変更します。
 PWR1000-pppoe02.png


6 「PPPoEルータモード」を選択。
 PWR1000-pppoe03.png


7 すると、グレイアウトしていた最下段に、入力できるようになります。
  入力出来たら、右下の「設定」をクリック。
 PWR1000-pppoe04.png


8 設定を押した後、ピンクの文章が出てきます。
 左側の「保存」をボタンを押し忘れると、入力した内容が消えるので注意。
 PWR1000-pppoe05.png
 入力した内容が消えるのは、「保存ボタンがオレンジ」のまま、再起動や電源の入れなおしをしたときです。
 ・・・この仕様はNECなんだけどなぁ・・・。