FC2ブログ







【PCカード/PCMCIAカード】と【Card Bus】と【Express Card】

【PCカード】PC Card Standard
・PCMCIA社(米)とJEIDA(日)が共同で規格を統一した、パソコン用小型カードタイプのインターフェース、およびその規格による機能拡張カード。
 主に、ノートパソコンや小型の省スペース型デスクトップパソコンで利用される。PC向けインターフェース規格として初めて、本格的なプラグアンドプレイ、ホットスワップを実現した。
 当初は[PCMCIAカード][PCMCIAスロット]とも呼ばれたが、1993年に規格の統一呼称として「PCカード」が制定されたため、「PCMCIA」とは規格策定団体のみを指すようになった。

・ PCカード規格は、カードの厚さによってType I、Type II、Type IIIの3つの種類がある。
 Type I   : 厚さ3.3mm、メモリカードなどに使われる。
 Type II  : 厚さ5mm、もっとも広く普及しているタイプ。
 Type III : 厚さ10.5mmで、ハードディスクなどに使われる。
  いわゆる無線LANカードは、Type II が該当します。持ってたら確認してみてね。

・ISAをベースにした従来型のものを16ビットPCカードといい、PCIをベースに32ビット化されたものをCardBusという。
 コンパクトフラッシュは、16ビットPCカードを小型化したもので、サイズとピン数以外はほとんど同じ規格である。
 後継規格としてExpressCardがあるが、これはUSB 2.0とPCI Expressをベースにしたもので、PCカードとの互換性はない。

【ISA】 Industrial Standard Architecture bus/アイサバス
・IBM社のパソコンであるPC/ATで採用された[パソコン内部のデータ伝送路規格を、IEEEが正式に標準化したもの]。
 一時期は事実上の業界標準となっていたが、最大データ転送速度は8MB/sしかなく、現在では使用されていない。 
【PCI】 PCIバス
・パソコン内部のデータ伝送路規格。
 Intel社を中心とするPCI SIG(Special Interest Group)によって策定された。PCIをサーバ向け に拡張したPCI-Xという規格もある。
 最初の規格:バス幅32ビット、動作周波数33MHz。最大データ転送速度は 133MB/s。
 最新の規格:バス幅64ビット、動作周波数66MHz。最大533MB/sの高速な仕様も規定されている。
  (バス幅は1回の転送で送れるデータ量、動作周波数は1秒あたりの転送回数)
 ISAバスに替わる標準規格として急速に普及し、現在はほとんどのパソコンに採用されている。

【Card Bus】
 PCカードで使われるバス(データ伝送路)の規格。
 Card BusにはPCIカードが使えるが、PCIカードスロットにはCardBusが使えない。

Express Card
 PCカードの後継として、2003年に策定された規格。
 ただし、PCカード、PCIカードとの互換性はない。
 NTTでは、これをHGW(PR300系)のカードスロットに対応させるためのアダプターを作ったくらいに、互換性がない。
 リンク先のWikiに、カード形状が載っています。面白いよ。


 PCカードは、ホットスワップOKとあります…が。「取り外し操作」が必須なので、間違わないように注意を。
 また、興味がある方は 知ってなっとく接続規格 をどうぞ。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/1195-e296cb78