fc2ブログ







【ディスクアットワンス】と【トラックアットワンス】

【ディスクアットワンス】 Disk at once
・書き込み可能領域を丸ごと利用し、最初から書き込みを完結させる方式。つまり、追記不可。
 ディスクの裏を見ると、未使用エリアと使用エリアがくっきりと分かれているが、追記は出来ない。
 オーディオ機器やCDドライブなどでは、追記されたデータを読み出すことが出来ない場合も多いため、直接利用する音楽CD、動画などにはこの方式が推奨される。
 CDをまるごとコピーするときもこの方法となる。

【トラックアットワンス】 Track at once
・書き込み可能領域を必要なだけ使用し、セッションを閉じないことで追記可能な状態にしておく方式。これ以上は書き込まないと決めたときにセッションクローズとして、書き込みを完結させる。
 ディスクの裏を見ると、未使用エリアと使用エリアがくっきりと分かれている。さらに、使用エリアは追記した回数分のエリアに分かれていて、年輪のように見える。

【セッションアットワンス】
・書き込み可能領域を必要なだけ使用し、データを書き込んだのち、セッションを閉じる。データ領域に余裕があるうちは追記が出来るが、それも同様にセッションを閉じることになる。
 この場合はセッション情報に領域が使われるため、他の方式に比べて書き込めるデータの総量が少なくなる。

【トラック】 Track
 円盤型記憶媒体では、データが同心円状に分割されて記録される。
 この帯状の領域をトラックと呼ぶ。
 たしか、書き込んだデータ量によって幅が違うはず・・・
空白 【セクタ】 Sector
 トラックは内部で扇状に等分されていて、その区切りはセクタと呼ばれる。
 このセクタは、円盤型記憶媒体における最小の記録単位となる。
Track.pngSector.png
[データの書き込み概要]
〔セッション開始情報領域〕-〔セッション/データ本体〕-〔セッション終了情報領域〕の形式で1セットとなる。
 このセッション本体には最大99個のトラックを記録することが出来るが、トラックとトラックの継ぎ目には[リンクブロックノイズ]が出来、音楽CDに於いてはノイズ発生の原因となる。
 これが、音楽CDなどをディスクアットワンスで作成するほうが良いとされる理由です。
 ほぷしぃがすごくわかりやすいです。ここのおかげでやっと理解できたっ!
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/1212-289a1d8c