FC2ブログ







Xbox360 XboxLiveからのPPPoE設定方法

注1:これは「ルータがない環境」でのインターネット接続方法です。ルータがある場合は、この設定をしないでください。
注2:これは「まったく初めてXbox360を起動した」ときに、「スタータキットディスクを入れない」で設定する方法のようです。(参考元:AUXbox Liveへのネットワーク接続設定(Xbox Live設定方法))
 環境が変わったときなどは、XboxLiveを開けない(接続出来ない)ということなので注意。

1 初期画面から「XBOX LIVE」を選択。
 「ネットワークのセットアップ」を選ぶ。
 Xbox360PPPoE01.png

2 PPPoE設定を選ぶ。
 他の項目は初期設定のままで使用します。
 Xbox360PPPoE02.png

3 一番上にある「構成」を「オン」に変更する。
 初期設定では「オフ」にされています。
 Xbox360PPPoE03.png

4 ユーザ名、パスワードを入力します。ISPが用意する、インターネット接続用のID,PWを使用してください。
  サービス名は不要です。
 Xbox360PPPoE04.png
 
 入力画面はこんな感じらしい。
 Xbox360PPPoE07a.png Xbox360PPPoE07b.png
 終わったら「完了」またはBボタンを押して、元の画面に戻ります。

5 「接続」を選び、状況を確認します。
 Xbox360PPPoE05.png

6 テスト結果を確認します。
・ 「ケーブルが接続されました」 ・・・LANケーブルがXboxに正しく接続されています。
・ 「IP設定を構成しました」 ・・・ISPとの通信が成功し、IPアドレスを取得できた状態です。
・ 「DNS サーバーを解決しました」 ・・・インターネット上にある、ISPのDNSサーバと通信出来たことを示します。
 上記3つが必須となります。
 ただし、
ブロードバンドルータなどを使っている場合は、少々意味合いが違いますので混同しないよう注意を。

Xbox Liveに接続しました。 ・・・「Xbox Live データセンター」と接続できたことを表します。
 Xbox360PPPoE06.png
 これはデータセンターのメンテナンスなどで表示されないこともあるかも。
 この資料に関しては、めっちゃ小さい画像しか手に入らなかったので拡大表示しています。
関連記事

CTUの設定ってしてますよね?

業者には設定必要ないと言われたんですが、それだと設定できなかったので質問させていただきました。
[ 2013/06/15 16:17 ] [ 編集 ]

CTUをブリッジモードにする必要があります。
他社の無線RTは自動で判定されますが、まあブリッジにした方が無難です。
…PCがあるなら、この方法を使わずにルータを使う設定にした方が安定しますよ。
[ 2013/07/11 10:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/1325-33cefa19