FC2ブログ







3 ポート開放の大まかな手順

【ポート開放の大まかな手順】
1 利用するパソコンのIPアドレスを調べる。その際、「自動取得」に設定するのがおすすめ。
2 設定するルータへログインする。 ログインID,PWは機器マニュアルを参照。
3 ルータの内部設定で、パソコン(あるいはゲーム機器)のIPアドレスを固定する。
4 IPアドレスを固定した状態で、通常通りにインターネット利用が出来ることを確認する。
5 ポート番号とプロトコルを、固定したIPアドレスに対して設定する。
6 実際にソフトウェアを動かす。

 以上の手順で完了しない場合、以下へ進みます。

1 ルータのFW設定で、ポートを全開放状態にする。
  これで利用OKなら、単純に設定ミスと判断します。ポート番号、プロトコルを確認しなおして、設定しましょう。
  ダメだった場合、手順2へ進みます。

2 ONU(あるいはモデム単体)と直結可能なら、外して広帯域(PPPoE接続)を設定する。

  
  と言っても、これが可能なのはパソコン、あるいはPlayStation、Xbox360、くらいですね。
  これで利用OKなら、やはりルータの設定ミスでしょう。
  これでもダメなら、手順3へ進みます。

3 パソコンからの利用なら、
  ONUあるいはモデム単体と直結可能なら、ルータを外し、PC側で広帯域を作成し、接続します。
  その上でゲームあるいはソフトウェアを走らせて、利用可否を確認しましょう。
   これで利用OKなら、やはり単純に設定ミスと判断します。ポート番号、プロトコルを確認しなおして、設定しましょう。
  

 A、Bともに、これでOKなら、ルータの設定に戻る。
  これでダメなら、PCのファイアウォール(Windows Fire Wall)を停止する。
  それでもダメなら、セキュリティソフトをPCから削除する。ウィルスチェックのみのものであっても例外にしてはいけない。

 という、けっこう大がかりなことになります。
 で、わけがわからなくなって初期化した場合、インターネットもつながらなくなります。だから、ISPの書類が必要なのです。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/1367-ea98c3f0