FC2ブログ







【ツイスト ペア ケーブル】とそのカテゴリー

【ツイスト ペア ケーブル】
・縒り合せた2本の芯線を一対として作られたケーブル。

・ツイストペアケーブルには2種類あり、ノイズを遮断するシールド被覆があるものを『STPケーブル(Shielded Twist Pair)』、シールド被覆のないケーブルを『UTPケーブル(Unshielded Twist Pair)』と言う。
 ノイズが乗るとデータ通信に影響が出るため、とくに複数のLANケーブルを使ったり、とぐろを巻いたりするような状況になるのなら、シールドされているもののほうが望ましい。
 最近はこんなにカラフルなので、機器ごとに使い分けるとわかりやすくていいかもしれない。

 このケーブルには以下の規格があるが、一般的なLANに使われるのはカテゴリー3以上のものとなる。ケーブルが手元にあれば、被覆に印刷されているので見てみるといいかも。
名称最大伝送速度最大周波数主な用途など
カテゴリー1(CAT1)20Kbps-電話(『4極4芯、3極6芯、8極8芯』など。知らないかな?)
カテゴリー2(CAT2)4Mbps1MHzISDN、低速デジタル端末
カテゴリー3(CAT3)16Mbps16MHz10Base-T
カテゴリー4(CAT4)20Mbps20MHzトークンリング、ATM
カテゴリー5(CAT5)100Mbps100MHz10Base-T、100Base-TX
カテゴリー5E(CAT5E)
エンハンスド・カテゴリ5
1Gbps100MHz1000Base-T
カテゴリー6(CAT6)1.2Gbps250MHz1000Base-TX、622Mbps/1.2Gbps
カテゴリー6A(CAT6A)10Gbps500MHz1000Base-TX、10GBase-T
カテゴリー7(CAT7)10Gbps600MHz10GBase-T
 基本的には「大は小を兼ねる」が、カトゴリ1,2は差し込み口の形状が違うため、カバーできない。
 また、ケーブルが10GBpsに対応していても、インターネットやそれを制御するPCなどが対応していなければ、それだけの速度は出ないので注意。

 この表にある「xxBase-zz」は、ベースバンド方式と転送速度を示す。これは別記事を仕立て中。

・・・うーん、カテゴリ1、2はホントに形状が違うからダメなのかなぁ
・・・性質が違うから形状も変えてあってダメにしてあるのかなぁ・・・?
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/1702-5bb82c0b