FC2ブログ







筆ぐるめ 往復ハガキを作る手順。

・筆ぐるめでの往復はがき作成は、少々ややこしい手順を踏みます。
 手順を無視すると印刷出来ないので注意しましょう。

0 住所録を2つ、作っておきます。
  一つは宛先用に普通の住所録。もう一つは返信住所だけを記載した住所録です。

1 往信の絵柄面(本文)を作成し、保存する。
  この時に「はがき(縦)」を選びます。ここで往復はがきにすると、失敗するよ。

2 返信の絵柄面(本文)を作成し、保存する。
  これも同じく、「はがき(縦)」を選びます。まだ往復はがきにしてはいけませんよ。

3 返信の本文と、往信の宛先を表示する。
  返信本文(裏)を呼び出して、プレビュー画面に表示されることを確認します。
  次に、宛先用の住所録を開きましょう。(先に開いてあればそのまま利用可)
  その後で、「用紙」から、「往復はがき」のレイアウトを選び、プレビュー画面に表示されればOKです。
   フォントなどを変更する場合は、ここで変更しましょう。

4 「印刷・メール」から、用紙サイズ「往復ハガキ」を指定して、往信面を印刷する。

5 往信の本文と、返信の宛先を表示する。
  往信の本文(裏・レイアウト)を呼び出して、プレビュー画面に表示されることを確認します。
  次に、返信用の宛先だけを入れた住所録を開きます。(作ったよね?)
  その後で、「用紙」から、「往復はがき」のレイアウトを選び、プレビュー画面に表示されればOKです。
  ここで、敬称を「行」に変えておくことをお忘れなく。
  フォントなどを変更する場合は、ここで変更しましょう。

6 「印刷・メール」から、用紙サイズ「往復ハガキ」を指定して、往信面を印刷する。
  宛先は一か所なので、印刷部数を指定すれば、まとめて印刷可能です。

・公式の手順だと途中で混乱しそうだったので、手間だけど混乱しないやり方に変えてあります。
 ・・・まあ、私が混乱しないだけなので、他の人がこれでわかりやすいかというと微妙ですが・・・。

 筆ぐるめは、公式に図解がありますので参考になりますよ。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/1814-55a96bd6