fc2ブログ







2-2 分類した問題を検討する。

 2-1の時点で、「何が問題か」が判明しました。なので、「どうしたいか」を検討します。
 理想でいいです。
 「計画は八割を以って半ばとす」にあるように、100%の成功なんてありえません。
 ただし、「一人が一日(8時間勤務)で50件の対応」とか、「毎日12時間勤務」とか、「自分で何とかしろ。」みたいな、精神論系は却下な。

 「まず結果ありき! 求めるものはその過程!」

 しつこく書きますが、「どうすればいいかじゃない」ですよ?
 手段を考えるのが目的ではなく、「求める結果を得るために手段を尽くす」のだということをお忘れなく。

1 人員不足
 数:増やす。
 質:知識レベルをあげる。

2 サポート範囲
 内容を明確に打ち出す=個人の裁量に任せる範囲を、可能な限り狭くする。 
 *->画一的な応対にすることで、対応者によって内容が違うというクレームを防ぐ。

4 資料について
 2のサポート範囲について、不足のないマニュアルを用意する。または過分なまでのマニュアルを用意する。
 客先用のマニュアルも、上記マニュアルを参照して用意する。

3 指導者
 放置。馬鹿を相手にしている余裕はない。
 もしくは、同じ考えの上司候補を送り込み、仕切らせる。

 繰り返しますが、「理想論でいいですよ」。

icon_wizcat.png:ところでこの「まず結果~」って、某錬金術ゲームの漫画版のセリフなんだけど、わかるかにゃ?
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/1848-9db43dc7