FC2ブログ







【PWR-N1000】

【PWR-N1000】
・NTTのモバイルルータ。光ネクスト契約者へのレンタル専用品。

・別契約のUSIMを挿すことで、LTE/3Gモバイルルータとなる。
→NTTではUSIMを出せないので、モバイルキャリアやモバイルISP契約は別途必要。SIMフリーなので、どこでもOK。

・付属品のクレイドルと組み合わせれば、固定回線用の無線ルータ/アクセスポイントとして利用可能。

・バッファローにそっくりな機器があるせいか、設定画面は「192.168.11.1」で開く。
 が、設定画面はNEC製ルータの設定画面に近い。…謎。

・バッテリー式なので、持ち歩き用のモバイルルータとしても利用可能(ふつうはそれがメイン)
 実はこのモバイルルータを、スマートフォン用の充電池にすることもできる。

・携帯キャリアの公衆無線LANサービスや、モバイルネットワークを契約&接続すれば、外出先で使えるモバイルルータになる。
 SIMフリーなので、どこのキャリアでもOK。
 →モバイル契約者が一人いれば、PWR-N1000を通して複数人の同時利用が可能。速度は推して知るべし。

<LTE/3G通信>
 モバイル通信会社と契約することで利用可能。貸与されるSIMカードと、発行されるID,PWを登録する。
→契約によっては、内部設定で「3Gのみ」などに設定しないと、通信料が追加される可能性も。

<公衆無線LAN>
 NTTのフレッツスポットを利用する:NTTとのフレッツスポット契約が必要。WEB認証方式のため、接続ID、PWは不要。
 NTT以外の公衆無線LANサービスを使う:当該サービスの設定方法を参照。最近はWEB認証方式が主流ではある。

<注意>
 クレイドルに嵌めた場合は、「アクセスポイントモード」での起動がデフォルト設定。
 LTEやモバイルネットワークの設定をしたい場合はクレイドルから外す必要があるので、電池切れに注意。
 通常は自動でモードが切り替わるが絶対ではないので、電源を入れなおすと確実。

<設定方法> 
 PWR-N1000 PPPoE接続設定を参照。

・本体の図。手のひらよりは大きい程度のもの。
 PWR-N1000_201611151451179aa.png PWR-N1000_cradle_20161115145117c91.png

<無線SSID、PWの情報>
 



<重要>
 固定回線用のアクセスポイント(またはルータ)として利用する際は、クレイドルが必須となります。
 クレイドルに嵌めた状態で、背面の切り替えスイッチを確認してください。
・ルータ内部の設定を確認・修正するときは、切り替えスイッチを「LAN」に合わせます。
・インターネットにつなぐだけのときは「INTERNET」に、切り替えます。

 pwrn1000_manual.png

 PWR-N1000|格安SIMで使えるモバイルルーター 
 PWR-N1000 関連ブログ内記事
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/1883-4349ca01