FC2ブログ







【光コラボレーション】

【光コラボレーション】
・NTTの光回線を、コラボ事業者に「利用用途自由」で販売するサービス。
 コラボ事業者は、この光回線に独自のサービスを追加して独自のサービスとして売りに出すことが出来る。

・利用には「転用番号の発行」が必要。
 光コラボは物理的なレンタルではなく、システム上のデータ移動であり、契約と管理、保守がまるっと事業者へ移動する。
 移動には転用番号の発行が必要だが、NTTが転用番号を発行を受理した時点で、回線の管理はNTTの手を離れる。
 「やっぱりやめよう」と思っても、既にNTTでは処理不能。コラボ事業者へ連絡する必要があるので、契約は慎重に。

回線異常確認も、NTTではなくコラボ事業者が対応する。
 まあ、工事が出来るからって管理人無視して好き勝手やったら、何が起きるかわかんないですしね。
 実際の工事は、コラボ事業者からの依頼を受けて、専門の技術者が派遣されます。で、この派遣元はNTT。ということです。
 だから、コラボ契約をしたなら、NTTに故障調査依頼してもダメなのだよ。

・NTT独自のサービス(リモサポとか光電話とか)も、契約形態によって継続可否が分かれるので、怪しい説明をする業者や、せかすような業者との契約は絶対回避するべし。
 まあ物理的に売り払うのではないので、実際の修理などはNTTが請け負うことになってますね。ただ、「手配は必ずコラボ業者からの依頼」でなければ、受けられないということです。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/2155-54b2a679