FC2ブログ







【ジャーナリング機能/ジャーナリングファイルシステム】

【ジャーナリング機能/ジャーナリングファイルシステム】 Journaling file system
・ディスクに障害が発生した際の備えとして、ファイルの更新内容や履歴のバックアップを保存しておく機能。
 また、その機能を持ったファイルシステムを「ジャーナリング ファイル システム」という。


<追記>
・以下、ネットを調べまくった結果の記事です。たぶんあっているとは思いますが、鵜呑みにしないでね。

 ジャーナリングとは、「実行記録(=Journal)を定期的に記録する技術」のことで、元はデータベースで用いられてきた技術。
 手順は、
1 実際のデータ領域に対して作業する前に、操作内容をログ(=ジャーナル)として書き出す(記録する)。
2 書き出し完了したジャーナルログを再生することで、実際のデータを更新する。
3 更新完了し、不要となったジャーナルログを廃棄する。
 の三段階。

・ジャーナルログの記録が完了する前にシステムに異常があった
 →実データは手つかずで残っている。

・ジャーナルログの再生時に異常が発生した
 →再起動時に「未完了分の再生を続ける(=更新を完了させる)」か、「記録済みジャーナルログの操作を元に戻す(=更新を無かったことにする)」のどちらかを実施する。
 結果として、異常が発生しなかったのと同じ状態を保つことが出来る。
 という仕組み。

参考:
通信用語の基礎知識 ジャーナリングファイルシステム
@IT ジャーナリングファイルシステムが保護する「情報」/ こちらはLINUXのお話ですが。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/2265-c5aff0f2