FC2ブログ







【拡張子】

・「かくちょうし」とは、ファイルの種類を識別する際に使用される[.]とそれに続く文字列のこと。
 ただし、MacOSはこの仕組みを採用していないので、拡張子の概念がない。
  MacOSでは、ファイルに情報が書き込まれているために拡張子が必要ないということだそうです。近年は、Windowsとの互換性を狙ってか、Mac製ファイルでも拡張子がつくようですが。

・拡張子の文字列は3文字、あるいは4文字で構成される。
 一般的に3文字が多いが、これは単なる慣習で、業界内ルールがあるわけではないらしい。
 マイクロソフトオフィスでは、2007以降で作成したファイルは、末尾に[x]をつける4文字の拡張子を採用している。

・拡張子を必要とするのはOSである
 アプリケーション(ソフトウェア)側は、拡張子がなくても気にしません。全く平気です。間違ってても大丈夫です。
 →◇OSと拡張子の関係

・拡張子の役目
 OSが、そのファイルを起動するためのプログラムを判断するための目印。
 →ファイルの関連付け

 ファイルアイコンが拡張子ごとに違うのは、人間用のオマケに過ぎない。
 →☆拡張子で遊んでみよう

・大文字/小文字の区別
 PC上では大文字/小文字の区別が可能だが、同じものとして扱っている。
 WEBでのデータでは別物として扱われるので注意が必要。
 これは、サーバに採用されるOSがリナックス系列であることが多いため。OSの特性ともいえる。
 拡張子の主な役目は「アイコンを表示すること」と「関連付けられたソフトウェアを立ち上げる目印になること」の二つ。

 昔々、Macが日本に進出してきたころは、「Windowsのファイルでも、インターネットを通せばMacで見られる」という謎なうわさが飛び交ってました。
 たぶん、この拡張子関連のうわさだと思うんですが・・・真相はなんだったんでしょうね?
関連記事
[ 2015/11/11 00:30 ] 拡張子の不思議 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/2571-5de309cc