FC2ブログ







4 無線電波を中継するには、すべての機器が対応している帯域を利用する。

 現状、無線LANに使われる周波数帯域は、2種類に分かれます。
 従来の電波は 2.4Ghz帯 を、新規格の電波は 5Ghz帯 を使用します。

 無線LAN通信は、その電波帯域をさらに分割してチャネルを作り、そのチャネル単位で通信する状態となります。
 2.4GHz帯域で13チャネル、5Ghz帯で11チャネルが利用可能となっています。
 →まあこれ別に、チャンネルと読み替えてもいいんですけどね(Chanel)

 ここで重要なのが、「周波数帯が違う中継は、お勧めできない」ということです。以前だったらムリだと言い切れたんですが・・・物好きなバッファローさんが、それを可能にする中継機を作っちゃったんですよねー、一般向けに・・・(--;)
 ただ、友人が使っていますが、「無線は間違いなく通じていて、PINGも飛ぶのに、外出先からの録画予約などが出来ない」という現象に遭遇しています。結果として、「すべて同じ帯域&チャネル」に統一したら問題なく使えたということなので、あまりアテにしないほうがいいようです。

 なお、従来の電波は電子レンジ、冷蔵庫、スピーカー、TVなどの電磁波/電波の影響を受けるので、可能なら5Ghz帯域をお勧めします。

 あと、中継すると速度が落ちる、というお話がありますが・・・「まったく繋がらないのと、体感できないレベルで速度が落ちるらしい仕組みと、どっちがマシ?」って考えてみませぅ。
関連記事
[ 2016/01/16 00:04 ] 無線中継の設定と考え方 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/2652-0078cf5d