FC2ブログ







[Sky Link Manager]

[Sky Link Manager]
・エレコム製無線ルータの設定ユーティリティの名称。
 「ツールに入力した内容を、設定専用のWi-FI通信を利用してルータに送信し、登録する」ためのソフトウェア。
 RT付属のCDや、公式からツールをインストールすることで利用可能となる。
 タブレット、スマートフォン用のアプリも用意されている。

 また、マニュアル上に「WEBベースの設定ユーティリティを採用している」とあるので、該当機種でこれを使わずに設定する場合、有線接続の環境が必須となると、推測される。
→Apple社のAirmacユーティリティに近いタイプですね。

・PC(無線LAN)で設定する場合
 Windows、Macとも、CDドライブがあるPCは、付属品のCDからインストールする。外付けドライブでもOK。
 テザリング、ポケットWi-Fiなどが利用出来るなら、エレコム公式からダウンロードでも可。

・PC(有線LAN)で設定する場合
 LANケーブルを配線するなら、一般機種と同様にログイン画面を呼び出すことで設定可能。
 設定後、必要に応じてツールをインストールすればOK。

スマートフォン・タブレット
 インターネットにつながる環境であれば、PlayStoreやAppleStoreからインストールすればOK。
 「インターネットにつながっていないタブレット」は打つ手がない。
<基本的な利用法>
◇初期はルータモードによる登録しか出来ません。
 手順を進めると、APモードに切り替えが可能になります。
1 インストール完了後、画面上のアイコンから手動で起動する。
 使用許諾に同意すると、メニュー選択画面が表示される。
 →この段階では、スカイリンクセットアップ以外はグレイアウトしているらしい。
 
2 スカイリンクセットアップ
 簡単設定:動画つき。設定後は、画面の半分に動画で説明文が出る。
 クラシック設定:かんたん設定の動画なしバージョン。
 いずれの画面も、ルータが初期状態であれば「PPPoEルータモードの設定に誘導される」設定のようです。

3 PPPoE情報の入力
 簡単設定、クラシック設定の何れも、最初に通る道。
 APモードにする場合は、ID:a@a、PW:pwなどで適当に登録してもいい。ここではあくまで「入力された情報をルータへ記録する」ために表示されているだけなので、成否は判断していないはずです。

4 SSIDの作成
 PPPoE情報の入力が終わると、ここへ誘導される。無線LANを使うには、乗り越えなければならない山。

5 ルータモードであれば、上記でおわり。
       APモードにするには、再度スカイリンクマネージャを立ち上げる。

6 ルータ選択の後、モード選択が出来るようになっているので「APモード」または「ブリッジモード」を選択する。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/2728-c0cd29da