FC2ブログ







Word 縦置き封筒に、縦書きで宛名を印刷する方法

 先に言っておきますが、非常に手間がかかります。
 筆ぐるめなどの年賀状作成ソフトなら、縦書き封筒が最初から用意されているので、それをお勧めします。

 しかし、業務用などで「住所、名前、郵便番号」以外にも印刷したい内容がある場合は、年賀状系では対応できません。わがままに対応出来るのが、「Wordの差し込み印刷」の応用。ということになります。

 はっきり言って、「自分で出来ない人は諦めるべし」的に手間がかかります。他人に頼まれたら、手間賃取るよ?

<手順>
0 差し込み印刷では不可能なので、封筒サイズの白紙を作り、そこへフィールド(情報欄)を自分で配置することになります。
 しかし、白紙状態ではグレイアウトしており、触れません。

1 新規作成で、白紙を用意します。
  <ページレイアウト>から、「文字列の方向:縦書き」を選びます。

2 <ページレイアウト>内の「サイズ」から、「その他の用紙サイズ(A)」を開きます。
  ページ設定ウィンドウが開くので、「用紙サイズ(R)」から、「サイズを指定」とし、幅(W)、高さ(E)を指定します。
   *ここで既定のものを選ぶと、横置きを強制されます。必ず自分で入力しましょう。

3 <差し込み文書>から「宛先の選択」を選び、「既存のリストを使用(E)」をクリックします。
  データファイルを指定するウィンドウが開くので、使いたいものを指定します。
  →ここでファイルを指定すると、ようやく「文章入力とフィールド」が利用可能になります。

4 しかし、上記の作業をしても「用紙サイズの白紙」が広がるだけで、何も起きていないように見えます。
  そのため、ここで「フィールドの対応」をクリックしましょう。

5 ドロップダウン式の対応表が出ます。必要な項目だけでいいので、対応させましょう。不要な項目は「対応なし」にしておけばOK。また、後から変更も可能です。そして、ここでも何も起きていないように見えますが、
  名前欄が「姓」「名」両方同時に対応している場合があるので注意。

6 「差し込みフィールドの挿入」をクリックすると、ウィンドウが出てきます。
  まとめて追加してもいいんですが、やりにくいのでまずは「郵便番号」だけを挿入しましょう。

7 郵便番号なのに、縦書きで表示されてしまいました。これを横書きにするには、テキストボックスを使います。
  まずは、これを切り取ってしまいましょう。上下のカッコとも、全てまとめて切り取ります。

8 <挿入>から、テキストボックスをクリックします。
  「横書きテキストボックスの追加」で、適当に枠を切ります。後で微調整できるので、7文字入る程度でOK。

9 挿入出来たテキストボックスに、先ほどの切り取ったデータを貼り付けます。
  ここで「封筒に印刷されている郵便番号の枠の位置」を測り、それに合わせて配置します。微調整や枠線の色抜きは、他のフィールド配置が終わってからでいいでしょう。

10 <差し込み文書>に戻り、「差し込みフィールドの挿入」から、必要な項目を追加します。
  すべて一行になってしまうので、とりあえずは項目ごとに改行することをお勧めします。

11 郵便番号も含め、空白や改行、文字サイズ変更などを駆使して、納得のいく配置に修正しましょう。
  郵便番号の黒枠は、配置が終わった後で「枠線・色なし」にするのがお勧めです。



◇図解にしたいとは思います。思いますよ?
 めちゃくちゃ大変なんですよ、これ・・・。



 


参考元:市民パソコン教室 Word 封筒に宛名を印刷するには?(縦書き)
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/2788-7f53cd70