FC2ブログ







◇ IPv4アドレス<数字編>

 IPアドレスは、本来は32ケタの2進数で構成された数字です。32ケタと一口に言いますが、実際に見てみると

 11001011000000000111000100000000

 です。そしてこれは10進数や金額の表記と違って、カンマで区切って表示、ということは出来ません。
 というのも、コンピュータの世界は「0か1か」しかないためです。考え方としては「そこにあるなら1.それ以外(わからないを含む)なら0」ですね。

 言葉にしているうちはまだしも、32ケタの算用数字とか、はっきり言って、「わかるかこんなものーっ!」ですね。

 そこで、もう少しわかりやすく表記しなおしたものが、所謂「IPアドレス/IPv4アドレス」です。
 これは、32ケタのIPアドレスを「8ケタ×4」に区切り、2進数を10進数に変換したものです。
 ということで、変換すると。

 203.0.113.0

 ああ、どうやら読める数字には、なりましたかね。

 さて、ここで問題です。
 IPアドレスは、32ケタと決まっています。となると、上限が存在します。その上限は、いくつでしょう?
 大まかに、でよいので計算してみてください。

 何ていいましたが、実はごく簡単に、「2の32乗」でOKです。1と0、二つの数字が32並ぶパターンは、何種類あるか。ですから。
 わかりにくかったら、◇◆を32個、同じ並びにならないように並べると、何パターンあるか。で考えると、見やすくなりますよ。

 数字にすると「4,294.967,296」=「42億9496万7296」なので、約43億となります。まあ、43億以上でも「約」になってしまうので、43億弱と言いたいところですが。
 これが、世界中で使われるIPアドレスの総数=上限となります。

 これを「ICANN」という組織が世界各地に分配していたのですが、先ごろ、アジア地域の割り当てから、日本の分が枯渇したと発表がありました。
 まあ、ISPが乱立し、スマートフォンもインターネットにつながるし、一人で複数のPCを同時に使うことも珍しくない昨今、不思議でも何でもありませんし、実はIPv4が開発された当初から、枯渇することは予想されていたようです。
 すでに、IPv4に代わるものとして、IPv6、インターネットプロトコルバージョン6が稼働しています。

 まあ、IPv6が利用できるのは、まだ一部の大手ISPだけですけどね。
 二進法のことを、「BINARY/バイナリー」と言います。
 「バイナリー・データ」は、コンピュータ用に作成されたデータ、と解釈すれば、わかりやすいかな?

 十進法のことを、「DECIMAL/デシマル」と言います。
 まあ、通常使われる計算方法ですね。

 ところで、一時間は60分で進みますが、これは何ていうか、知ってます?
 そのまま、六十進法ですょ。


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/2849-e2fdf9df