FC2ブログ







(o〃_ _ )o 広帯域接続ってどうやって使うの?

 まず、PC内にISPのID,PWを記録するファイルを作ります。
 インターネットにつなぐ際は、それを起動します。
 起動されると、回線を通してID,PWがチェックされ、問題なければインターネットにつながります。

 ルータ類を使った場合と違い、「PCの電源が切れると、インターネットからも切り離され、次回改めて接続するまでは、メールも使えない」ということに注意しましょう。

 ただし、Macintosh利用の方は、この説明に納得できないでしょう。
 Macの場合、ちょっとした設定を追加することで、「特定のソフトウェアを起動すると、そこからインターネットに接続される」という仕組みがあります。
 ほとんどの方は意味を知らずに設定しているので、自覚がないんですね。
参考:◇MacOS10.6 PPPoE接続方法の項目「6」。
 しかし、これははっきりいって、自ら危険を呼び寄せるやり方ですので、推奨はしません。
 
 あれですね、治安が悪いエリアへ行くときに、単独で入り込んで、死にそうな目に遭いたい、そういう人にお勧めの方法です。
 ただ、怖いのは、当人だけの被害では終わらないことです(海外旅行なら本人や同行者、その救助者までの被害で止まりますけどね)
 一度でもウィルスに感染すると、気づいて適切な対処をするまで、ウィルスをまき散らす温床となります。犯罪の踏み台にもなるでしょう。

 まあ、使用者が原因で、他人のPCやデータを破壊することになる。と言っても過言ではないですね。マジで。
 Macはウィルス感染しないという神話を信じてる人もいるようですが、既にシェアが広がってますので、広帯域なんか使ったら感染どころか乗っ取られますよ。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/2866-fc8196d3