FC2ブログ







Windows10 シャットダウンと再起動、完全シャットダウンの違い。

 Windows10は、今までのWindows系と違い、デフォルトで「高速シャットダウン」が設定されています。
 立ち上がりを早くするため、一部の手順をすっとばして電源を切り、次の起動時にはすっとばした手順分を採用して立ち上げる方式です。

 旧OSを使われていた方には、「ソフトウェアを終了する休止モード」と言えば、イメージが伝わるでしょうか?
 まあ、私の認識なので、正確には違うかもしれませんけどね。

 で、「正規の手順をすっとばす」ということをやっているわけですから、不具合が出て、何の不思議があろうかということでもあります。急にネットがおかしくなったり、MSオフィスに異常が出たり。

 いちばん厄介なのは、今までのOSならシャットダウンで解消された現象が、そのままになっちゃうんですね。ふざけた仕様です。

 さて、このふざけた仕様から抜け出す手段は、いくつか用意はされています。

 一番簡単なのは、電源メニューで「再起動」を選ぶこと。
 これは従来のシャットダウンに近いので、たいていの不具合(とくにメモリに起因するもの)が解消されます。

 しかし、これで解消されない事態もあります。特にIPアドレスが取得出来ない系は、この再起動では厳しいようです。そんなときは、「完全シャットダウン」を使います。

 いくつか方法がありますが、確認が出来て安心という意味で、「SHIFTキーを押しながら再起動」を選び、そのあとの画面で「PCの電源を切る」をお勧めします。特に初心者さんにお勧めします。

 そこまでの初心者じゃないよ、という方には「Shiftキーを押しながらシャットダウン」をお勧めしましょう。見た目は通常のシャットダウンと変わらないので、ちょっと不安ですが。

 また、タブレットモードから抜け出せないような状態であれば、「Shiftキーを押しながら電源ボタンをクリックし、再起動を選ぶ」方法が便利でしょう。

 同じくタブレットモードで、キーボードが効かなかったりする状態なら、「設定」から「更新とセキュリティ」を開き、「回復」から「今すぐ再起動する」という方法もあります。

 このほかには、デフォルトのシャットダウン方式そのものを、完全シャットダウンに変更しておくという方法もあります。・・・が、これはまあ、自力で探してみてください。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/2924-dfaa4ef8