FC2ブログ







【WSD】

【WSD】 Web Services for Devices
 Canon公式によると「ポート3702(WS-Discovery)を有効にすることで、PCからネットワーク上にあるプリンタなどのデバイスを検出できるようになる」プロトコルということのようです。
WSD(Web Services for Devices)を設定する
関連記事

WSD(Web Services for Devices)を設定する

<font size=-1>サーバーを設定する > Configureにアクセスする > ネットワーク設定</font>
<font size+1>
<b>WSD(Web Services for Devices)を設定する</b></font>
 Web Services for Devices(WSD)により、コンピューターはネットワーク上にあるプリンターやその他のデバイスを検出できます。そのためには、ポート3702(WS-Discovery)を有効にする必要があります。

重要: Configureには2つのバージョンがあり、それらは接続しているFieryサーバーに特有のものです。これは、FS100/100Pro以前のソフトウェアを備えたFieryサーバーに接続した際の操作を記述し、FS150/150Pro以降を使用する場合の操作を注記した組み合わせ型の手順です。どちらのバージョンのConfigureを使用しているかがわからない場合は、使用しているConfigureのバージョンを参照してください。

1.Configureで、「ネットワーク」 > 「サービス」 > 「WSD」を選択します。
 メモ: ただし、FS150/150Proを備えたFieryサーバーに接続している場合は、この手順に記されている設定が「ジョブ送信」 > 「Web Services for Devices(WSD)」にあります。

2.「WSDを使用する」を選択します。

3.デフォルトのプリント接続を選択します。

4.変更内容を適用または保存します。

関連トピック:特定のIPポート経由の通信を許可する
[ 2019/09/20 12:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/2996-51f0a439