FC2ブログ







yamahaルータ 切断コード表

ヤマハルータのPPPoE接続の際に表示されるエラーコードの一覧。
ヤマハさんの公式ページのようなので、参考に。

切断コード表 ヤマハRTシリーズの切断理由を示す数値
 実際にわたしが拾ったエラーとその対処方法。鵜呑み厳禁ね。

・エラー 851(PADIタイムアウト)
 接続先にサーバが存在しない。または、サーバまでの区間の回線状態が良くない可能性がある。

PADI:PPPoE Active Discovery Initiation
 PPPoE接続の際、ISPのPOPサーバへアクセスする必要がある。
 イーサネット上の通信はMACアドレスを介してのみ行われるが、RTが該当サーバのMacアドレスを知らない場合もある。
 その場合は、ブロードキャストによってPADIパケットを送信し、その返答の中から適切な情報を選択し、通信が始まる。

 PADIタイムアウトは、この「ブロードキャストに対する返答がない」ときに表示されるエラー。
 原因は、ルータのWANからISPのサーバまでのどこかにある。
 とりあえず、ONUや中継器、HUBなどを、上流から下流の順で再起動するとよい
 YAMAHAに聞いても「RT以前の問題」らしいので、気をつけよう。

 ルータが古かったり、急激な温度変化にさらされたりした場合はこの限りではないので、決め付けないでね。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/3091-2b5a3cf3