FC2ブログ







修正中【IEEE 802.11,a/b/g/n/j/vnt)】

【IEEE 802.11(a/b/g/n/j/vnt)】 アイ トリプルイー 802.11(a/b/g/n/j/vnt)
 IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.)により策定された、無線LAN関連規格。

IEEE 802.11g
 2.4GHzのISM帯を利用(IEEE 802.11bの上位規格)。
 パケットモードOFDM方式による物理レイヤ規格により、伝送速度を11Mbpsから54Mbps(最大値)に拡張。
 ISM帯を利用しているため、他の機器からの電波干渉を受け、実効速度が落ちる場合もあるらしい。
 IEEE 802.11b規格の通信機器と組み合わせた場合は、最大で11Mbpsの通信となる。

IEEE 802.11j
 4.9Ghz〜5.0GHzに合わせ、IEEE 802.11aを日本向けに修正した規格。
 4.9GHzは他に使う機器がないため、電波干渉が少ない。
 11aの製品の中には、ファームウェアアップデートで11jに対応出来るものがあるかもしれない。
 jはJapanの頭文字ではなく、j番目(10番目?)として割り当てられただけらしい。

IEEE 802.11n
 2.4GHz/5GHz帯を利用。実効速度で100Mbps以上の実現に向けて策定された規格(11a、11b、11gとの相互接続も可能)。
 MIMO(Multiple Input Multiple Output)を採用し、マルチリンク技術を実装。デュアルリンクにより、理論値で「リンクアップ時に300Mbps(注)、実質100Mbps」を実現。
 11n規格に適合していても、使用する周波数帯、同時通信できるチャネル数、チャネルボンディング(追記参照)への対応などは個々の製品ごとに異なるうえ、表記されている最大通信速度で利用できるか否かは、製品の組み合わせに依存する。
 バンド幅が40Mhzに引き上げられたことにより、最大伝送理論値は300Mbpsとなった。

IEEE 802.11vht
 ギガビットWi-Fiとも呼ばれている次世代の規格。
 マルチリンク技術を実装し、デュアルリンクで1Gbps以上を実現する。シングルリンクで500Mbps以上の達成を目標にしている 超高速無線LANとして、世界各国で研究が本格化している。
(注):参考HP(ビジネス+IT)においては400Mbpsとの記載あり。どっちでしょうね??

 あと、無線なので実は干渉しあう機器もある。
 大まかにはこんな感じらしい。
IEEE802.11bIEEE802.11aIEEE802.11g
特徴比較的伝送距離が長く、最も広く普及している5 GHz帯の電波を使用し、通信速度は速いが比較的伝送距離は短い比較的伝送距離が長く、IEEE802.11b機器と相互に通信できる
通信速度11 Mbps54 Mbps54 Mbps
電波干渉2.4 GHz帯の電波を使用する電子レンジやBluetoothなどの機器と干渉する場合あり2.4 GHz帯の電波を使用する機器と電波干渉しない2.4 GHz帯の電波を使用する電子レンジやBluetoothなどの機器と干渉する場合あり

 すみません、水色文字部分は記事からの推測です。
 Wiki見ていただくとわかるんですが、何言ってんだかワカンネっ的な日本語なんです。解釈に不安がありますので、ぜひ解説をお願いしますm(__)m

(Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance)
チャネルボンディング:http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20071005/283879/
4.9Ghz〜5.0GHz:電波法の一部改正他による新規割当帯域。屋外での使用も許可されたが、届出制免許が必要。
Orthogonal Frequency Division Multiple
ISM帯:免許不要で扱える周波数帯域

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/536-cac592de