FC2ブログ







【APIPA】 Automatic Private IP Addressing

【APIPA】Automatic Private IP Addressing
 IPアドレスが自動取得出来ない状態のとき、
 DHCP機能によってIPアドレスが自動取得できなかった時などに、ネットワーク機器に対して、IPアドレスを自動的に割り当て、利用するための機能。
 パソコンの場合、外部から割り当てられるのではなく、「PCが持つAPIPAが働いて割り振るIPアドレス」であることに注意。

 APIPA は IPアドレスを「169.254.1.0」〜「169.254.254.255」の範囲から選定し、サブネットマスクを「255.255.0.0」と、他のシステムと重複しないように自動的に割り当てます。
 「169.254」で始まる IPアドレスは、APIPAでのみ有効なIPアドレスです。

えんじぇるん :小難しく書いてあるので、簡単に解説しますわ。
・IPアドレスが取得出来ない=DHCP機能を持つ機器がない、もしくはセキュリティソフトによって拒否されている状態。
 DHCP機能を持つ機器は、一般に「ルータ」と言われます。それに無線機能がつくと「無線ルータ」になります。
 「アクセスポイント」といわれる機器は、DHCP機能を持っていないもの、もしくはDHCP機能を無効にしたものを指します。
 「HUB/ハブ」もDHCP機能を持っていないものを指します。

以上、IBMより抜粋

なんで抜粋かというと、失礼ながら最後の段がちょっと説明不足に思えるためです。

・DHCPサーバがある環境で表示された場合
 可能性1 セキュリティソフトによって、DHCPの通信がブロックされている。
 可能性2 DHCPサーバではなく、HUBになっている。=サーバがない状況と同じになっている。

  結果として、インターネットにつながらない。

・DHCPサーバがない環境で表示された場合
 ・広帯域などを利用することで、インターネットにつながります。

これね、サポートでもわかってないひと、けっこういるんですよ。

機器交換までやっちゃってたもん…。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/613-d9b91c72