FC2ブログ







DNSの仕組み

絹毛先生:今日のお題は 『 DNSの仕組み 』 ぢゃ。

 まず、DNSが何かと言うことについては、【覚書辞書もどき-DNS-】を参照しておくれ。
 まあ、IPアドレス(=数字の羅列)を、人間にわかりやすい名前に変換する機能のこと、かの。
 この仕組みそのものは、IPV6もIPv4も同様ぢゃ。

 この人間に分かりやすくつけられた名前を [ドメイン] というのぢゃな。
  なぜドメインなのかは、聞くでないぞ。name=名前、 strawberry=苺、というようなものぢゃでな。要は英単語じゃ、素直に覚えるとよぃ。
 インターネット上では、『ホームページを管理するサーバー』や、『メールを管理するサーバー』などを示す言葉としても使われるの。

 さてこのドメインぢゃが、ICANNによる一元管理となっており、「グローバルIPアドレスとセット」で登録するため、世界中で絶対に重複しないようになっておる。「同じ名前のHPが作れたら、紛らわしい(詐欺が働ける)」ために、重複は許されぬのぢゃな。
 ただし、一元管理と言っても、すべてを一手に管理しているわけではない。
 まずは最上位のドメインを管理するサーバーがあり、そこから下がって中位、さらに下位、その末端など、それぞれを管理するサーバーが別になっておる。
 階層図を書くならツリー構成(木の枝図)であり、ドメイン名を使って区分けする感じぢゃな。
 このDNSとのやりとりを、[http://blog84.fc2.com] で説明すると、
0 パソコンから、DNSサーバに対して[com]の木は何処かと問い合わせる。
 →DNSサーバから、[com] の木は此処にあると返答が来る。
1 場所を教えられたパソコンは [com] の木の元まで行って、 [fc2] はどの枝かと問い合わせる。
 →comの木から、 [fc2] は此処だと教えられる。このときに教えられるのはIPアドレスぢゃよ
2 場所を教えられたPCは、 [fc2] の枝に登り、 [blog84] の実はあるかと問い合わせる。
 →[fc2]の枝から、 [blog84] の葉っぱは此処にあるよと教えられる。これもIPアドレスを教えられるの
4 [blog84]を見つけて、おしゃべりを始める。
 →[blog84(正確にはblog84.fc2.com)] との直接やりとりが発生し、ブログが表示される。

com_treeM.jpg
しゅんまお:こんな感じだょ。クリックして拡大して見てみるべし。
絹毛先生:・・・本来のツリー構成図は、こういうものではないのぢゃが。
しゅんまお:いいの。見やすさ第一なの。
絹毛先生:・・・イラストレータどのが驚く顔が目に浮かぶわぃ。
しゅんまお:あ、それはちょっと思う・・・m(_ _)m
 重要なのは、[fc2]、[blog84]、[com]、それぞれがドメインであるということじゃ。
 もうひとつ、「リレー式ではない」ということぢゃが、まあ使う側では意識することはないのぅ。

絹毛先生:・・・はて、書きたかったのはこういう記事・・・ではないな・・・IPv6をなんとかしようとしたんぢゃな・・・
しゅんまお:とゆうことで次回、「IPv6」の世界にご期待っ!

 ちなみに実例として、『matsuzakaya.co.jp』というドメインを第三者が取得し、更にそこへアダルトサイトを開設して松坂屋に売りつけようとした事件があったが、ご存じかな?
 まだ当時はインターネットの黎明期で、松坂屋はホームページを持っておらなんだのぢゃ。
 …いや、わしも(持ってないことはないだろう)と調べたが、事実存在せんかったで、びっくりしたの。
 結果としては『matsuzakaya-dept.co.jp』を使うから、要りませんよそれ、とあっさりかわされとる。リアルタイムで見ておったが、英断に拍手したの(笑
 同時に類似のアドレスが申請不能になっておったらしいが、確保されたのかのぅ。
 これは調べておらんよ、このクラスのドメイン申請は有料だったのでな。
 なぜそんなことが出来たかというと、「HPは検索で開くもの、アドレスをいちいち入力したりしない」という人が、大半だからぢゃな。
 お前様方、このブログをどうやってひらいておるかの。アドレスバーにぽちぽちとアドレスを入力するという方法など、誰も使わんぢゃろ?
 なんせ管理人がアドレスを覚えておらんからな(^^;)
 検索サイトから「さぽぉと」の一言でHITするのじゃから、その方が早いし、入力ミスもない。
 松坂屋のサイバー担当もその考えで、『松坂屋』で検索されたらヒットするしと、まずは相手の出鼻をくじいたのぢゃろな。当時の検索エンジンは今に比べれば未熟とは言え、十分だったことぢゃろう。
 ちなみにこのアドレスは現在では使われておらんようぢゃ。その後どんな変遷があったのやら…。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furry2011.blog.fc2.com/tb.php/658-5edee5e5